カテゴリー: 法務NAVIまとめ

法務担当者のリサーチ業務の負担を軽減するリンク集です。

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事:MBOの価格に関する判例まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

MBOの価格に関する判例まとめ

kyoshida (2019/12/27 12:00)

会社を非上場にする場合や、経営陣が株主を気にせず自由な経営をするための手段として、会社において、MBO(マネジメント・バイアウト)が行われることがあります。しかし、MBOにおいて、取得される株式の価格がいくらにするかは、経営陣と株主の間で合意できないこともあります。そこで、MBOの価格はいくらが妥当なのかについて、さらに、MBOに失敗した場合の経営陣の責任について考える素材としてMBOに関する判例をまとめました。

記事:システム開発取引に関する裁判例まとめ のイメージ画像
法務NAVIまとめ

システム開発取引に関する裁判例まとめ 

atsumi (2019/12/24 12:00)

システム開発は、建物建築等と違って無形のものを作るため、完成がどのようなものとなるか契約当事者の認識が食い違いやすく、トラブルになることが多いです。今回は、システム開発取引のうち、発注者(ユーザー)と受注者(ベンダー)の間で問題となりやすい①システム開発契約の成否と、②契約成立後の仕様変更に伴う追加報酬の支払義務に関する裁判例をまとめました。

記事:個人情報の漏えいの損害賠償額の判例まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

個人情報の漏えいの損害賠償額の判例まとめ

ando (2019/11/25 12:00)

企業の個人情報漏えいをめぐるトラブルは今年1年だけを見ても多く発生しています。そこで今回は、顧客の個人情報が漏えいした場合における損害賠償額について、これまで起こった個人情報漏えい事件の裁判例を紹介します。法務・コンプライアンス担当者が個人情報保護の為の安全管理体制を構築する際に、参考にしていただければ幸いです。

記事:労働時間に関する判例まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

労働時間に関する判例まとめ

kotani (2019/11/22 12:00)

労働基準法32条では、1日の労働時間を8時間、1週間の労働時間を40時間と定めています。使用者が所定の労働時間を超えて労働者に労働させた場合には、時間外労働に対する割増賃金を支払う必要があります(労働基準法37条、労働基準法施行規則19条)。そこで、今回は本来的な業務にあたっているわけではない時間について、どのような場合に労働基準法32条にいう労働時間にあたるのか、いくつかの判例をみていきましょう。

法務NAVIまとめ

自社の有給休暇取得の適否に関する法律相談まとめ

kyoshida (2019/11/20 12:00)

会社において有給休暇は、労働基準法上で規定された休暇です。
有給休暇は労働者に認められた権利であり、2019年の働き方改革の法案が改正され、企業側も年次有給休暇の年5日取得が義務とされたため、法務担当者としては自社の有給休暇が適切に運用されているかは注意すべきところです。
そこで、今回は、いくつかの有給休暇の判例を比較しながら、適切な有給休暇について考えるため、有給休暇の判例をまとめました。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ