法務ニュース

Legal Affair News
記事:液化天然ガス取引について公取委が調査、仕向地制限条項とはのイメージ画像
法務コラム

液化天然ガス取引について公取委が調査、仕向地制限条項とは

液化天然ガス(LNG)の取引に通常盛り込まれている仕向地制限条項が独禁法に抵触する可能性が有るとして、現在、公取委が調査を行っております。違法と判断された場合、国内で約67兆円規模の契約に影響を及ぼすことになります。今回は仕向地制限条項とその独禁法上の問題点について見ていきます。

記事:出向命令の法律問題のイメージ画像
法務ニュース

出向命令の法律問題

出向は,企業の人事の一環としてなされる上,企業の経営に深く関係することであるため,企業が従業員に対し自由に命じることが出来るように思われる。しかし,出向は従業員の生活に大きな不利益を及ぼし得るものであるため,無条件にできるものではない。今回は,適法な出向を命じるために乗り越えるべき法律の壁について説明する。

記事:医薬品・化粧品・健康食品等の広告規制のイメージ画像
法務ニュース

医薬品・化粧品・健康食品等の広告規制

今日,医薬品や化粧品,健康食品などの宣伝を目にしない日はないが,これらの広告は医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下,「薬機法」という)(旧薬事法)によって規制されている。過去には同法に違反して役員が逮捕された例も存在する。そこで,今回は,薬機法の主要な広告規制について取り上げる。

記事:情報サービス会社がヤマダ電機を提訴、下請法違反についてのイメージ画像
法務ニュース

情報サービス会社がヤマダ電機を提訴、下請法違反について

家電量販大手「ヤマダ電機」から販売用パソコンの初期設定を委託されていた岐阜市内の情報サービス会社が、契約外の業務を強いられた上、その旨を指摘後に一方的に委託契約を解除されたとしてヤマダ電機を相手取り約7100万円の損害賠償を求める訴えを5日岐阜地裁に提起していたことがわかりました。今回は下請法が禁止する不当な利益の提供要請について見ていきます。

法務NAVIまとめ

Legal Contents Bunched Up
記事:【法務NAVIまとめ】中小企業における顧問弁護士の探し方のイメージ画像

【法務NAVIまとめ】中小企業における顧問弁護士の探し方

中小企業における法務・コンプライアンスに係る問題は大きいにもかかわらず、法的素養を備えた人材が必ずしも会社内にいる訳ではないため、弁護士による法的支援が重要となる。2016年7月20日に東京弁護士会が中小企業支援を目的としたアプリ<ポケ弁>(ポケット弁護士)をリリースした。そこで、企業は弁護士からどのような支援を受ける方法があるのかをまとめた。

記事:【法務NAVIまとめ】懸賞・景品に関する法規制のイメージ画像

【法務NAVIまとめ】懸賞・景品に関する法規制

インターネット取引の普及に伴い,ウェブサイト上で懸賞や景品を提供して顧客を誘引することも増えたが,懸賞・景品は,企業が一般消費者の目を引く重要な広告活動の一つである。ちょっとした生活用品から,金券,家電まで,わが国にはたくさんの懸賞・景品で溢れている。このような懸賞・景品については,不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という)の規制が存在する。今回は,景品表示法における景品規制についてまとめていく。

法務セミナー / 交流会 開催情報

第71回MSサロン(名古屋会場)
2016年09月08日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区金山
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「英文契約書の基礎~どの英文契約書にもでてくる一般条項の重要ポイントを教えます~」です。
申込・詳細はコチラ
第72回MSサロン(大阪会場)
2016年09月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
濵田雄久
1995(平成7)年4月 大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同法律事務所入所
2004(平成16)年8月 アメリカ合衆国Duke University School of Lawに留学
(翌年法学修士号取得)
2005(平成17)年8月 シンガポール共和国 Rajah & Tann 法律事務所において研
修開始
2006(平成18)年3月 ニューヨーク州弁護士登録
2006(平成18)年8月 なにわ共同法律事務所復帰
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「英文契約の基礎2(紛争解決条項)」です。
申込・詳細はコチラ
第73回MSサロン(東京会場)
2016年10月05日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都千代田区
講師情報
熊木 明
スキャデン・アープス法律事務所所属。
00年東京大学経済学部卒業。
07年コロンビア大学ロースクール卒業。

弁護士・カリフォルニア州弁護士。
M&A、会社法、金融商品取引法を専門とし、
国内外の多くの顧客を代理しており、特に英文契約の実務に精通。
また、M&A及び英文契約に関する数多くのセミナーを行っている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「英文契約の審査の実際:リスクを見抜くコツ」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)