法務ニュース

Legal Affair News

法務NAVIまとめ

Legal Contents Bunched Up
記事:試用期間後の本採用拒否についてのイメージ画像

試用期間後の本採用拒否について

期間の定めのない契約で従業員を雇用する場合に試用期間を設けている会社は多いと思います。「試用」という言葉から「お試し」といったイメージを持ちやすく、そのため、試用期間中に能力不足であると会社側が判断した場合には拒否できると考えられがちです。しかし、実際には試用期間中も労働契約が成立しており、本採用の拒否には留意すべき点があります。そこで今回は、試用期間中ないし期間満了時の本採用拒否について、法務担当として留意すべき点を見ていきたいと思います。

記事:【特集】 第4回 社債の発行のイメージ画像

【特集】 第4回 社債の発行

企業法務ナビの企画編集部です。最終回になる今回は「社債の発行」についてをテーマにしてお送りしようと思います。社債とは、会社が行う割当によって発生する、会社に対する金銭債権(会社法2条23号)のこと、つまり、企業が資金調達のために発行する債券のことです。社債には、①普通社債、②劣後債、③永久債、④新株予約権付社債がありますが、投資家に定期的に利払いされるという点に変わりありません。では、社債の発行について見ていきましょう。

記事:【特集】第3回 種類株式の発行のイメージ画像

【特集】第3回 種類株式の発行

企業法務ナビの企画編集部です。今回も前回に引き続き、特集記事「企業による資金調達」をお送りします。株式会社では株式を発行して資本金として資金調達をすることができます。その際、発行する株式の内容を自由に設計できる種類株式というものがあります。そこで、第3回となる今回は「種類株式の発行」について、見ていきたいと思います。

法務セミナー / 交流会 開催情報

第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
第94回MSサロン(東京会場)
2018年02月23日(金)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社
アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「事例で考える-国際取引交渉の戦略とポイント」です。
申込・詳細はコチラ
「無料セミナー」資金調達手段としての香港株式上場の戦略的アドバンテージ、弁護士の役割と諸問題への実務対応 ―日清食品有限公司の上場例を中心に―
2018年3月6日(火) 13:00~16:00(受付:12:45~)
無料
東京都港区
講師情報
講師(予定)
虎門中央法律事務所
弁護士 今井 和男
同 鈴木 隆弘
同 山本 一生

世澤律師事務所
中国/NY州弁護士 姫 軍
中国弁護士 諸韜韜
同弁護士/外国法事務弁護士 陳 軼凡
中国弁護士 殷 宏亮

CFN Lawyers in association with Broad & Bright(CFNローヤーズ・世澤共同経営法律事務所)
香港弁護士 Bowie Fung、同Jenny Chen
(1) 日本企業が香港証券取引所に上場するメリット
(2) 日本企業が香港証券取引所に上場することによる、香港及び中国大陸事業に与える影響と意義
(3) 香港証券取引所上場の基本的な流れ・手続とその注意点
申込・詳細はコチラ