法務ニュース

Legal Affair News
記事:AIを「営業秘密」として保護強化、経産省が検討会を設置のイメージ画像
法務コラム

AIを「営業秘密」として保護強化、経産省が検討会を設置

経済産業省と特許庁は26日、人工知能(AI)やIoTといったデータについても「営業秘密」として保護し、知的財産権保護強化に向けて検討会を設置することを発表しました。これまで曖昧だったAI等のプログラムやデータの法的な位置づけを明確にし盗用や悪用された際の差止等を行いやすくすることが狙いです。

記事:札幌高裁、税額算定につきマンション内にある事務所を住居と別々に評価のイメージ画像
法務ニュース

札幌高裁、税額算定につきマンション内にある事務所を住居と別々に評価

マンション内にある事務所の固定資産税の算定方法を巡って、事務所を所有する不動産会社が、事務所が住居より高く課税されるのは不当であるとして、市に過大徴収分等の返還を求めて争った訴訟の9月20日付けの控訴審判決で、札幌高裁は、建物全体を住居とみなした一審判決を取り消し、事務所部分を区別した札幌市の算定方法を適法と認めた。

法務NAVIまとめ

Legal Contents Bunched Up
記事:コーポレート・ガバナンスコード(CGコード)ってなに?のイメージ画像

コーポレート・ガバナンスコード(CGコード)ってなに?

昨年6月より実施されているコーポレート・ガバナンスコード。今月13日に、東京証券取引所より、「コーポレートガバナンス・コードへの対応状況の集計結果(2016年7月時点)」が報告されました。改めて、コーポレート・ガバナンスコード(以下、CGコード)の概要を振り返るとともに、上記対応状況について概観したいと思います。

記事:【法務NAVIまとめ】印紙税法まとめのイメージ画像

【法務NAVIまとめ】印紙税法まとめ

契約法務において、契約書に接していると、印紙の取り扱いに悩む場合があります。税務判断は、課税庁である国税庁の税務通達で、詳細に規定されている場合も多く、専門判断が求められる領域なので、弁護士や税理士などの専門家や、税務署に確認をとるなど、慎重な判断が求められる場合もでてきます。そこで、印紙税法についてまとめました。

記事:【法務NAVIまとめ】訴訟における証拠収集処分等まとめのイメージ画像

【法務NAVIまとめ】訴訟における証拠収集処分等まとめ

特許侵害や企業秘密の盗用等、企業間のトラブルを巡り、民事訴訟法(以下、法名省略)234条が定める「証拠保全」の利用が広がっている。重要な証拠が発掘され、訴訟に大きな影響を与える可能性もあり、手続きに備え、対応マニュアルを作る企業も増えている。そこで、今回は、訴訟における証拠の所持者の態度に応じた、有用と思われる証拠収集方法の概観を紹介する。

法務セミナー / 交流会 開催情報

第73回MSサロン(東京会場)
2016年10月05日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都千代田区
講師情報
熊木 明
スキャデン・アープス法律事務所所属。
00年東京大学経済学部卒業。
07年コロンビア大学ロースクール卒業。

弁護士・カリフォルニア州弁護士。
M&A、会社法、金融商品取引法を専門とし、
国内外の多くの顧客を代理しており、特に英文契約の実務に精通。
また、M&A及び英文契約に関する数多くのセミナーを行っている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「英文契約の審査の実際:リスクを見抜くコツ」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
元特許庁審査官が教える商標活用セミナー
2016年10月18日(火)
16:00 ~ 18:00
5,000円
東京都千代田区九段南
講師情報
植村貴昭
植村国際特許事務所 代表 弁理士

1996年東京工業大学工学部機械工学学科卒業
2000年東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修了
2000~2006年特許庁審査官補・審査官
2007年大宮法科大学院大学法務研究科卒業(法務博士)
現在、植村国際特許事務所にて特許・商標出願、
中間処理、外国関係業務に従事。
ベンチャー・中小企業専門の弁理士として、
日本でも稀有な弁理士 ベンチャー・中小企業の発展のために、
企業経営にまで踏み込んだ商標・特許等の知的財産をコンサルティング。
昨年末に下町ロケットで中小企業における特許など知財が話題となりましたが、
皆様は社名や商品名、屋号を盗まれないためのリスクマネジメントはできてますか?

社名や商品・サービスなどの名前を昔から使ったいたからといっても安心はできません。
もし他の人が商標権を取り、それを逆手に逆に訴えられるリスクがあるのをご存知ですか?
反対に社名や商品・サービスを真似しようという競合が出た際にあなたの会社を守ることにもつかながります。

これからの時代、企業規模はもちろん、法人・個人にも関わらず、
知的財産権はとても重要なテーマです。

その中でも最も身近なものが商標権です。

本セミナーでは、
商標の基礎から、どんなリスクが潜んでいるのか。
そのリスクに対する対策、さらには商標をビジネスにどう活用していくのか。
その活用方法も具体的な事例をもとにお話させて頂きます。

セミナー参加者特典として、商標登録可能性判定サービスと無料個別診断をつけております。
通常弁理士さんにお願いすると数万円する内容を無料で対応させて頂きます。
無料だからといっても全力で対応しますので、さらに深く突っ込んで話はこちらでして頂ければと思います。

※本セミナーは株式会社アントレ・ラボコーポレーションが主催するセミナーです。
申込・詳細はコチラ