カテゴリー: 法務ニュース

企業法務に関する最新のニュース・コラムをお届けします。

記事:キリン堂に措置命令、処分例から見る「優良誤認」のイメージ画像
企業

キリン堂に措置命令、処分例から見る「優良誤認」

mhayashi (2018/09/07 17:05)

消費者庁は4日、サプリメントを飲むだけで痩せられると宣伝して販売していた「キリン堂」(大阪市)に対し景表法違反で措置命令を出していたことがわかりました。提出された資料からは痩身効果の根拠が認められなかったとのことです。今回はサプリメント等の優良誤認を処分例から見ていきます。

記事:弁護団が「ケフィア」を告訴へ、出資法の預り金規制についてのイメージ画像
法務ニュース

弁護団が「ケフィア」を告訴へ、出資法の預り金規制について

mhayashi (2018/09/05 16:32)

加工食品などに関し多額の出資金を集めていた通販会社「ケフィア事業振興会」(千代田区)が3日破産手続きに入っていたことがわかりました。破綻後も出資の勧誘を続けていたとされ、契約者側の弁護団は刑事告訴の構えを見せています。今回は出資法が規制する預り金について見ていきます。

記事:大阪高裁で国と企業の責任認める、アスベスト訴訟についてのイメージ画像
法務ニュース

大阪高裁で国と企業の責任認める、アスベスト訴訟について

mhayashi (2018/09/04 10:14)

建設現場でアスベストを吸い込み肺がんなどの疾病を発症したとして、京都府の元労働者とその遺族が国と建材メーカーに対し計約9億6千万円の損害賠償を求めていた訴訟の控訴審で大阪高裁は国とメーカーに約3億円の支払いを命じていたことがわかりました。一人親方に対しても国の責任を認めたとのことです。今回はアスベスト訴訟について見ていきます。

記事:所有者不明の部屋がもたらす、マンション管理の危機とその対策方法のイメージ画像
法務ニュース

所有者不明の部屋がもたらす、マンション管理の危機とその対策方法

arai (2018/09/03 21:30)

2016年、国土交通省はマンションの管理組合に対し「マンションの再生手法及び合意形成に係る調査」を行いました。回答の得られた639組合のうち87組合(13.6%)は「連絡先不通または所在不明者の存在する物件がある」と回答しました。
所在不明者の部屋からは、管理費を徴収できないため、マンション管理が難しいケースが出ています。そこで今回は、不動産管理会社の法務部員様に向け、所在者不明の部屋がもたらすマンション管理の危機と現在検討されている対策方法を紹介したいと思います。

記事:最高裁でレオパレス敗訴確定、受信料問題まとめのイメージ画像
企業

最高裁でレオパレス敗訴確定、受信料問題まとめ

mhayashi (2018/08/31 16:18)

テレビが予め備え付けられた賃貸住宅「レオパレス21」の受信料について、入居者に支払い義務があるかが争われていた訴訟で最高裁は29日、上告を棄却し入居者敗訴が確定しました。入居者側の支払い義務を認めた初の最高裁判決となります。今回は一連の受信料訴訟について見直します。

記事:元エステ店従業員が申し立て、労働審判の対応についてのイメージ画像
法務コラム

元エステ店従業員が申し立て、労働審判の対応について

mhayashi (2018/08/30 09:00)

首都圏でエステ店を運営する「スイート・ピア」(渋谷区)の元従業員の20代女性2人が20日、未払い残業代などの支払いを求め東京地裁に労働審判申し立てを行っていたことがわかりました。月の時間外労働は80時間に及ぶとのことです。今回は労働審判申し立てがなされば場合の対応について見ていきます。

記事:内部通報制度に関する認証制度とはのイメージ画像
法務ニュース

内部通報制度に関する認証制度とは

toshikawa (2018/08/27 12:00)

東洋経済は16日、今年の「内部通報が多い」100社ランキングを発表しました。近年では不正会計問題や品質データ改ざん問題などもあり、企業のコンプライアンス問題に関心が集まっています。こうしたコンプライアンス上の問題に対応する方策の一つとして、公益通報者保護法に基づく内部通報制度の整備があります。今回は、この内部通報制度に関する認証制度について見ていきたいと思います。

記事:ジャパンビバレッジで「有給取得クイズ」、時季変更権とはのイメージ画像
企業

ジャパンビバレッジで「有給取得クイズ」、時季変更権とは

mhayashi (2018/08/24 13:31)

サントリー子会社で飲料自販機大手のジャパンビバレッジの支店長が従業員に対し「有給チャンスクイズ」と称するメールを送信していたことがわかりました。全問正解で有給が認められるというもので、正解者はおらず批判が相次いでおります。今回は年次有給休暇の時季変更権について見ていきます。

記事:元契約社員がバンダイを提訴、雇い止めの有効性についてのイメージ画像
企業

元契約社員がバンダイを提訴、雇い止めの有効性について

mhayashi (2018/08/23 09:29)

玩具メーカー大手「バンダイ」(東京都)の元契約社員の男性が、無期転換直前に雇い止めを行ったのは不当であるとして従業員としての地位の確認を求めていた訴訟の第1回口頭弁論が20日行われました。バンダイ側は争う姿勢です。今回は有期雇用の雇い止めの有効性について見ていきます。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ