カテゴリー: 法務コラム

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事:“優越的地位の濫用”と“下請法違反”の関係についてのイメージ画像
法務コラム

“優越的地位の濫用”と“下請法違反”の関係について

mhayashi (2019/01/08 16:11)

 大阪ガス(大阪市)が取引先に希望数を超える自社製品の購入を強要した疑いがあるとして、公正取引委員会は同社に警告を出す方針を固めていたことがわかりました。同社へは2017年8月にも立入検査が行われております。今回は独禁法の定める優越的地位の濫用と下請法違反の関係について見ていきます。

記事:まもなく施行、改正著作権法についてのイメージ画像
法務コラム

まもなく施行、改正著作権法について

mhayashi (2018/12/11 16:59)

 情報通信技術の発展に対応すべく改正された改正著作権法が来年2019年1月1日に施行されます。所在検索サービスやコンピューターの内部処理のみに利用されるコピー等、IT技術上の著作物の利用について著作権による制限が緩和されることになります。今回は改正著作権法の概要を見ていきます。

記事:技能実習生に残業代支払い命令、労基法の付加金制度についてのイメージ画像
法務コラム

技能実習生に残業代支払い命令、労基法の付加金制度について

mhayashi (2018/11/16 16:26)

 茨城県行方市の農家で働いていた中国人技能実習生が、最低賃金を下回る時給300円程度の水準で働かされていたとして未払い残業代などの支払いを求めていた訴訟で水戸地裁は200万円の支払いを命じていました。200万円には労基法上の付加金も含まれているとのことです。今回は労基法の付加金制度について見ていきます。

記事:縫製会社を書類送検、労基法の強制貯金規制についてのイメージ画像
法務コラム

縫製会社を書類送検、労基法の強制貯金規制について

mhayashi (2018/10/31 17:58)

青森県十和田市の縫製会社「昭和ドレストワダ研究所」が外国人実習生の賃金の一部を強制的に貯蓄させていたとして26日、十和田労基署は労基法違反の疑いで書類送検していたことがわかりました。逃亡阻止が目的だったとのことです。今回は労基法が禁止する強制貯金について見ていきます。

記事:福岡労働局が「河合塾」指摘、無期転換ルールについてのイメージ画像
法務コラム

福岡労働局が「河合塾」指摘、無期転換ルールについて

mhayashi (2018/10/24 14:14)

 毎日新聞は24日付けで、大手予備校「河合塾」の非正規講師が無期転換ルール適用直前になって雇い止めになったことについて福岡労働局が「無効の可能性がある」と文書で指摘していた旨報じました。雇い止めの無効の可能性を指摘したのは異例と言えます。今回は無期転換ルールと雇い止め法理を見直します。