カテゴリー: 法務NAVIまとめ

法務担当者のリサーチ業務の負担を軽減するリンク集です。

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事:偽装請負と労働者性の判断のイメージ画像
法務NAVIまとめ

偽装請負と労働者性の判断

akaishisawa (2017/08/01 23:00)

昨今、業務委託契約、SES(システムエンジニアリングサービス)契約等の、民法上、委任契約や請負契約に当たる契約を用い、受任者や請負人を独立した事業主として扱うことで、メリットを享受しようと考える企業が少なくありません。
そこで今回は偽装請負と労働者性の判断について考えてみたいと思います。

記事:今後のシニア法務担当者に必要なスキルまとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

今後のシニア法務担当者に必要なスキルまとめ

awahara (2017/07/25 21:00)

昨今の企業の法務ニーズの高まりとともに、法務人材の市場は売り手市場となっています。ただし、多くの求人は若手法務人材が対象であり、売り手市場の法務であっても、50代ともなれば転職できる人数は大きく減るようです。今回は50代でも転職が容易となるような価値の高い法務人材となるためにはどのような経験やスキルを身につければよいか検討します。

記事:歴史上の人物の商標を取消すことができる場合の対応まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

歴史上の人物の商標を取消すことができる場合の対応まとめ

moriyama (2017/07/06 12:00)

ある企業が歴史上の人物名を使用した商品を売り出すために、当該歴史上の人物名を商標登録しようとしたところ、既にその人物名は他の人によって商標登録されていました。この場合、先に登録された商標を取り消すことができるのでしょうか?今回は、商標法上取り得る手段を見ていきたいと思います。

法務NAVIまとめ

強行法規まとめ

mir21 (2017/06/20 19:00)

企業法務担当者としては、契約条項から想定される法的・経済的リスクを検討するなかで、自社や相手方の企業が定めた各契約条項が法令中の強行法規に違反して無効になるリスクも検討しなければなりません。ここでは、民法やそのほかの民事法の強行法規や判例をまとめることで、法務担当者が回避しなければならない強行法規違反のリスクを考えていきます。

日々の契約法務を自動化したい方はコチラ