カテゴリー: 法務ニュース

企業法務に関する最新のニュース・コラムをお届けします。

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事:粗悪ホイール販売で逮捕、品質誤認惹起行為とはのイメージ画像
法務ニュース

粗悪ホイール販売で逮捕、品質誤認惹起行為とは

mhayashi (2019/11/19 12:00)

粗悪なタイヤホイールを安全基準を満たしていると偽って販売していたとして愛知県警は13日、カー用品大手「オートウェイ」(福岡県)の社長倉元進容疑者(58)ら3人を逮捕していたことがわかりました。国交省の安全基準マークである「JWL」を偽装していたとのことです。今回は不正競争防止法が禁止する品質誤認惹起について見ていきます。

記事:個人情報保護委員会がアマゾンに行政指導、情報漏えい後に企業が採るべき対応についてのイメージ画像
法務ニュース

個人情報保護委員会がアマゾンに行政指導、情報漏えい後に企業が採るべき対応について

ando (2019/11/15 12:00)

個人情報保護委員会は10月11日、アマゾンに対し個人情報保護法に基づき行政指導を行った旨公表した。アマゾンの対応には批判の声もある中で、個人情報を取り扱う企業は、個人情報漏えいが発生した後いかなる措置をとるべきか。個人情報保護委員会による最新のガイドラインに沿って説明する。

記事:行政書士事務所が返還拒否、外国人労働者の旅券保管についてのイメージ画像
法務ニュース

行政書士事務所が返還拒否、外国人労働者の旅券保管について

mhayashi (2019/11/13 12:00)

共同通信は4日、横浜市の行政書士事務所「アドバンスコンサル行政書士事務所」が雇用したフィリピン人女性の旅券を預かり、返還を拒んでいる旨報じました。女性は帰国も転職活動もできないと訴えているとのことです。今回は外国人労働者の旅券の保管行為についてみていきます。

記事:ゆうちょ銀行でリスク隠し契約か、消費者契約法の規制についてのイメージ画像
法務ニュース

ゆうちょ銀行でリスク隠し契約か、消費者契約法の規制について

mhayashi (2019/11/11 12:00)

西日本新聞は6日、ゆうちょ銀行の金融商品の勧誘・販売で高齢者などに十分なリスク説明がなされずに行われている旨報じました。異常な低金利が続く中、営業実績の拡大だけが優先されている危険があるとのことです。今回はリスクのある商品の勧誘などに関する消費者契約法の規制について見ていきます。

記事:公立学校の教員に対する変形労働時間制の導入についてのイメージ画像
法務ニュース

公立学校の教員に対する変形労働時間制の導入について

kotani (2019/11/07 12:00)

10月18日、教職員給与特別措置法改正案は公立学校の教員に「変形労働時間制」を適用できるように閣議決定されました。この変形労働時間制の導入の可否が検討されるに至った背景には、教員の長時間労働を原因とする過労死があります。文部科学省の2016年度の調査では、中学校教員の約6割、小学校教員の約3割の残業時間が「過労死ライン」(おおむね月80時間超)を超えていました。また、精神疾患を患う教師が増加していることも問題となっています。