作者別: mhayashi の記事一覧

記事:最高裁が上限額を超える和解を有効と判断、司法書士の業務範囲についてのイメージ画像
法務ニュース

最高裁が上限額を超える和解を有効と判断、司法書士の業務範囲について

mhayashi (2017/07/26 09:51)

過払い金を巡る債務整理で司法書士が関与できる上限額を超えた和解契約の有効性が争われていた訴訟の上告審で24日、最高裁は有効であると判断しました。上限額の判断基準とそれを超える場合はどうなるのか。司法書士の業務範囲について見ていきます。

記事:東京地裁がNHKへの提訴を「業務妨害」と認定、弁護士費用の負担についてのイメージ画像
法務ニュース

東京地裁がNHKへの提訴を「業務妨害」と認定、弁護士費用の負担について

mhayashi (2017/07/25 13:20)

NHKの受信料徴収を巡りNHKを提訴したことが業務妨害にあたるとして、NHKが政治団体に弁護士費用相当分の損害賠償を求めていた訴訟で19日、東京地裁は54万円の支払を命じていました。訴訟費用とは別扱いとなる弁護士費用。今回は弁護士費用の負担について見ていきます。

記事:最高裁で遺族側の敗訴が確定、野外ライブ落雷事故訴訟のイメージ画像
法務ニュース

最高裁で遺族側の敗訴が確定、野外ライブ落雷事故訴訟

mhayashi (2017/07/21 08:59)

野外ライブ中の落雷事故で観客が死亡し、遺族が主催会社に安全対策に不備があったとして損害賠償を求めていた訴訟の上告審で19日、最高裁は上告を棄却する決定を出しました。遺族側の敗訴が確定したことになります。今回は野外での落雷事故と安全配慮義務について見ていきます。

記事:特許庁が対策へ、第三者による商標の先取り出願についてのイメージ画像
法務ニュース

特許庁が対策へ、第三者による商標の先取り出願について

mhayashi (2017/07/19 17:48)

特許庁は先月21日、無関係の第三者によって先に商標登録出願がなされても、その出願が却下されるのを待つ必要が無い旨発表しました。先に出願されていても、自身の出願に問題が無ければ審査開始がなされるとのこと。今回は特許庁の審査運用の変更点と第三者による出願についてみていきます。

記事:バス運転手遺族が逆転敗訴、「労災要件」についてのイメージ画像
法務ニュース

バス運転手遺族が逆転敗訴、「労災要件」について

mhayashi (2017/07/12 16:26)

脳出血で死亡した観光バスの運転手の遺族が労災認定を求めていた訴訟の控訴審で11日、東京高裁は労災と認めていた一審長野地裁判決を取消し、敗訴を言い渡しました。一審で認められた因果関係を一転否定しました。今回は労災の一種である業務上疾病の要件について見ていきます。

記事:3割超が株式報酬を導入、役員報酬についてのイメージ画像
法務コラム

3割超が株式報酬を導入、役員報酬について

mhayashi (2017/07/11 14:56)

日経新聞電子版は10日、上場会社の3分の1が役員への報酬として株式報酬を導入した旨報じました。固定の基本報酬に加えて中・長期の業績連動型報酬制度の導入が進んでいるようです。株主と同じ目線で業績アップを目指す経営が期待されているとのことです。今回は業績連動型報酬と会社法上の規制について見ていきます。

記事:最高裁が元証券幹部の有罪確定、第三者への情報提供についてのイメージ画像
法務コラム

最高裁が元証券幹部の有罪確定、第三者への情報提供について

mhayashi (2017/07/07 17:43)

SMBC日興証券(旧日興コーディアル証券)が関わったTOBを巡るインサイダー取引事件で最高裁は、同証券元執行役員の吉岡宏芳被告(55)の上告を棄却していたことがわかりました。知人への情報提供行為でインサイダー取引の教唆犯が認められたことになります。今回はインサイダー取引の要件について概観します。

記事:ウィルズが電子議決権サービス開始へ、議決権行使についてのイメージ画像
法務コラム

ウィルズが電子議決権サービス開始へ、議決権行使について

mhayashi (2017/07/05 18:04)

日経新聞電子版は2日、投資家向け情報を提供するウィルズ(東京都)が9月から電子議決権サービスを開始する旨報じました。これにより日本国内での株主総会手続の電子化が促進されるのではないかと期待されます。今回は会社法上の議決権行使について見ていきます。