実は当初予定より前倒し?
2011/09/01   法務相談一般, 民法・商法, その他

制度の経緯

 東日本大震災からの復旧・復興支援のため、東北地方(水戸エリアの常磐道含む)を発着するトラック、バス(中型車以上)について、高速道路が無料開放されるとの発表が6月8日になされ、同月20日から実施された。
 しかし、復旧・復興の真っただ中であるにもかかわらず、9月1日午前0時をもって、トラック・バスに関する無料化措置は終了した。この無料化措置終了は、当初の予定通りのものであると発表されている。

本当に予定通り?

 発表では、当初の予定通りの終了であると示している。たしかに、6月8日発表の資料にも、「当面無料開放する」と記載しており、その当面の期間の末日が「8月末」となっている。とは言え、復旧・復興が目的であれば、この目的が達成される目処が立つぐらいまでは、無料化を続けるはずである。しかし、現実には、まだまだ支援の手が必要でトラック・バスの無料化は必要なはずである。それにも関わらず無料化を終了させようというのは、制度悪用に対する対処と考えるべきであろう。

 現在の無料化措置であると、高速道路の入口か出口のどちらかが被災地圏内の高速道路であれば、被災地と無関係な走行部分についても全額無料とされる。そのため、理屈の上では、九州地方や中国地方から来て東京に荷物を届けるトラックが、東京で高速道を降りずに水戸まで進んで、ここで降りることでも高速道路料金を無料とすることができるのである。この制度を利用し、復興と無関係なトラックが高速料金を支払わないで高速道路を利用することが、無料化措置の悪用と言われるものである。

我慢すべきだった

 この無料化措置を悪用すれば、運輸会社としては経費を減らせるし、ドライバーは臨時収入を得られることになる。そこに魅力を感じるな、ということは難しいであろう。しかし、その欲望に従って行動することで、本来利益を得られるべき人が利益を得られなくなってしまうことまでは許されない。国を挙げて復興を支援すべきときに、それを自分達が阻害してしまわないか、考えるべきではなかったか。

関連リンク
NEXCO東日本 
国土交通省 報道発表資料 

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。