また?!いつまで続くの?!止まらない個人情報漏洩!!!
2011/06/20   コンプライアンス, 情報セキュリティ, 個人情報保護法, その他

セガの事件!!

セガは19日、欧州子会社のセガヨーロッパが運営する顧客サービス「SEGA PASS」に不正アクセスがあり、個人情報が漏洩したと発表した。
 漏洩したのは登録されている顧客情報1,290,755名分で、名前、生年月日、Eメールアドレス、暗号化されたパスワードが含まれ、ほぼ全会員に相当するという。

過去の大規模事件!!

皆さんは、昨今の個人情報流出事件のどれほどを覚えているだろうか。
近年の企業による大規模個人情報漏洩事件のうち、100万人を超えるものだけ挙げても、2004年2月ソフトバンクによる460万人分の「ヤフーBB」顧客情報漏洩に始まり、同年5月三洋信販による116万人信用情報を含む情報流出、2006年6月KDDIによる「DION」の契約者450万人の情報流出、2007年3月大日本印刷による864万人分の委託先43社の顧客情報を流出。より近いところでは、2009年4月三菱UFJ証券による148万人分の全個人口座の顧客情報が元部長代理により持ちだされ、また2011年4月には900万人 4月に米子会社のオンラインゲームのネットワークが攻撃され、1億人の個人情報が流出と、後を絶たない。

なぜ流出するのか?!

 各個人情報漏洩事件の原因には、未だ調査中、不明なものも多い。原因が発覚しているものについても、内部犯罪、会社内部の過失によるもの、ハッカーや不正アクセスなど、一概にはいえないのが実態である。ソニー、任天堂、セガとゲーム企業が相次いでハッキングの被害に合っているが、企業の情報漏洩では、その原因の多くが内部の不正行為であるとの見解もある。個人によるものだと、パソコンやフロッピーディスクの盗難が原因になることが多いという。

どうなる個人情報!!対策は?!

 個人情報漏洩は、個人が知らぬ間に何ら過失なく被害に合うため、個人被害は第一次的に問題である。しかし、情報漏洩事件を起こした企業自体も相当の打撃を受けるため、企業側としてはその原因が何であろうと、事件発生を防ぎたいとの切実な思いがあるだろう。謝罪はもちろん、損害賠償をしたとしても、一度着せられた汚名は容易には返上できない。各機関の呼びかけにアンテナを張り、専門家の指示を仰ぐ必要があろう。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku42.htm

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。