オリンパス経営再建問題、テルモが経営統合提案を公式発表
2012/07/26   戦略法務, M&A, 会社法, メーカー

概要

26日、テルモは「オリンパス株式会社への統合提案について」というプレスリリースの中で、オリンパス社に対して500億円の資本提携と将来の共同持株会社の設立に向けた統合協議委員会(仮)の立ち上げを提案していることを発表した。テルモは医療機器世界ランク12位であり、同13位のオリンパスとの統合により世界第5位の経営規模の実現が可能となることを提案の理由としている。

オリンパスの資本提携先候補としては、これまでにソニーや富士フィルムの名前も挙がっていた。目下提携先として最有力と見られているソニーは、映像分野の技術と販売力に強みを持ち、デジタルカメラ事業においてはキヤノンに次ぐ世界第2位のシェアを誇る。オリンパスは同事業の再建を目指しており、両社の生産集約によるコスト削減とシェアの統合のメリットは大きい。また、ソニーはテレビ事業での不振が続くことから、オリンパスが強みを持つ医療関連事業を強化するという狙いもある。一方、富士フィルムも自らの映像技術とオリンパスの内視鏡技術の相乗効果などをPRして資本提携に名乗りを上げている。

コメント

オリンパスの自己資本比率は4.6%という危機的な数字であり、同社としては今後その比率を高めていきたい狙いがある。その中で、経営の自主性をある程度確保できる共同持株会社方式での提案はオリンパスにとっては魅力があるものといえよう。また、元々テルモとオリンパスは提携関係にあり、2.1%の資本関係もあり、これを大きく発展させる形で最適な事業・技術提携が実現できる…という主張には説得力を感じる。

オリンパスがどのような決断を下すのか、引き続き注視したい。

【関連リンク】
オリンパス株式会社への統合提案について

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。