”元の体に戻して”-「茶のしずく」地裁に20人が慰謝料計2億4500万円の賠償提訴-
2012/06/27   消費者取引関連法務, 製造物責任法, メーカー

概要

 化粧品製造販売会社「悠香」(福岡県)が通信販売した「茶のしずく石鹸」の旧製法で小麦アレルギーを発症する被害を受けたとして、県内の女性20人が26日、同社など3社を相手取り、製造物責任法(PL法)第3条に基づき慰謝料計2億4500万円の損害賠償を求めて千葉地裁に提訴した。「茶のしずく被害千葉弁護団」(陶山嘉代団長)が代理人を務める第1次訴訟となる。

 弁護団によると、原告らは小麦由来成分を含む茶のしずく石鹸旧製品を使用したことにより、アレルギーを発症。小麦含有食品の摂取でじんましんや腹痛のほか、生命に関わる呼吸困難等の重篤な症状がでるなど、社会生活上で不利益を受けるとしている。

 茶のしずく石鹸による健康被害をめぐっては、4月に15都道府県で535人が一斉提訴。その後も各地で訴訟が起こされている。原告らは1人あたり1000万~1500万円を請求しているが、同社は「訴状が届いていないのでコメントは控えたい」としている。ある50代の原告は「好きな物を食べられる体に戻してほしい」と悲痛な救済を訴えた。

 弁護団は2次提訴も予定しており、7月1日には無料電話相談窓口「茶のしずく被害110番」を開設する。

コメント

 「茶のしずく石鹸」による被害をめぐる訴訟は日本各地で相次いでいるが、日常で使用する身近な製品だからこそ、製造側には細心の注意を払った上で製品の製造をしてほしいと感じる。
 情報量の格差等から消費者が弱い立場に立たされる消費者問題にて、こうした弁護団が結成されることは消費者にとって非常に心強いことである。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。