カテゴリー: 知的財産権

記事:「PPAP」 無関係企業の商標出願 商標制度についてのイメージ画像
法務ニュース

「PPAP」 無関係企業の商標出願 商標制度について

kobayashi2 (2017/02/03 12:00)

ピコ太郎さんのヒット曲「PPAP」で使われる「ペン パイナッポー アッポー ペン」などのフレーズが、大阪府内にある無関係の企業によって商標出願されていることがわかりました。そこで、今回はこのニュースをもとに商標制度についてその概要を説明していきたいと思います。

記事:JASRACが無許諾事業者に一斉法的措置、音楽著作権についてのイメージ画像
法務ニュース

JASRACが無許諾事業者に一斉法的措置、音楽著作権について

mhayashi (2016/06/15 17:47)

JASRACは7日、音楽著作権の手続きを行わずに無許諾でBGMを使用する約187の事業者及び約212の店舗に対し簡易裁判所に民事調停の申立を行ったことを発表しました。各種商業施設や美容室等で幅広く使用されているBGMですが、多くの場合は多くの場合は著作権手続きを必要とします。今回は音楽著作権について見ていきます。

記事:自社の商標を他人に先取りで出願されたら…のイメージ画像
法務ニュース

自社の商標を他人に先取りで出願されたら…

mhayashi (2016/05/18 09:50)

17日特許庁は自らの商標を他人に先取りで出願されてしまっても出願を断念してしまわないよう呼びかけました。いわゆる「悪意の商標出願」については以前も取り上げられましたが、これがなされてしまった場合でも出願却下や無効審判によって出願の機会が回復する場合があります。今回は悪意の商標出願が却下、無効となる場合を見ていきたいと思います。

記事:AI創作物に著作権は発生するのかのイメージ画像
法務ニュース

AI創作物に著作権は発生するのか

ogura (2016/05/12 12:00)

政府の知的財産戦略本部は、5月9日、AI=人工知能が作った小説や音楽などの著作権を含む知的財産の保護の必要性や在り方について、具体的な検討を進めることなどを盛り込んだ新たな「知的財産推進計画」を決定しました。
果たして、AIが自律的に創作した音楽や小説に著作権は発生するのでしょうか。