青少年雇用促進法成立へ

ハローワーク

青少年雇用促進法成立へ

政府は、「青少年の雇用の促進等に関する法律案」を17日に閣議決定し、20日に国会に提出した。同法が成立すれば、悪質なブラック企業からの新卒求人をハローワークが拒否することが出来るようになる他、企業が離職率などの職場情報を、就職活動中の学生らに提供するよう促す仕組みも導入される。他方で、離職率の低い中小企業に対しては、若者が働きやすい企業と認定し、助成金を出すほか、企業が求める人材の採用を支援する仕組みが導入される見込みだ。

背景

若者を大量に採用し、使い捨てるように扱うブラック企業が社会問題化したことや、若者が、就職活動中に抱いた会社のイメージと現実がかけ離れていることを理由として、入社後3年以内に離職する割合が3割以上に上ることが問題となっていた。
青少年雇用促進法成立により、ハローワーク新卒求人に対する信用を高めることや、職場に対するイメージを持ちやすくすることで、若者の離職率の低下を図ることが期待されている。また、中小企業としても、助成金や人材確保の点で有利になるような仕組みが成立することで、メリットがある。

青少年雇用促進法のポイント

①ハローワークは、一定の労働関係法令違反(残業代不払い、セクハラ等)があった求人者について、新規学卒者の求人申込を受理しないことができる(公共職業安定所は、「求人の申込はすべて受理しなければならない」と規定している職業安定法第5条の5の特例)。
②新規学卒者の募集を行う企業は、青少年の募集・採用の状況、職業能力の開発・向上並びに職場への定着の促進に関する取組みの状況などを提供するよう努めるとともに、応募者から求められた場合は、これらの情報を提供しなければならない。
➂青少年に係る雇用管理の状況が優良な企業(規模300人以下)について、厚生労働大臣による新たな認定制度を創設する。

コメント

青少年雇用促進法には問題も多い。たとえば、同法は新卒求人のみを対象としており、中途採用については改善がなされていない。また、ブラック企業対策という点でいえば、新卒求人の多くはリクルート社のような民間事業者を通じたものであり、ハローワークが新卒求人を制限することによる効果は限定的なものに過ぎない。
また、②記載の情報提供義務についても、どの情報を提供するかといった提供情報の内容の選別は各企業の判断に任されており、若者が知りたい企業情報を知れるとは限らず、効果が限定的になる恐れもある。
とはいえ、特に中小企業においては、ハローワークで求人が拒否されている等の事情は企業ブランドを大きく損なうものであり、人材確保の点でも多大なリスクを負うことにもなろう。コンプライアンス体制の構築を含めた、自助努力が必要となる。

関連サイト

ある日ブラック企業と呼ばれてしまうかも…

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約2年7ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] ozawa

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務コラム
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

検察内部の検察誕生!? 検察の信頼回復の試み... 概要 最高検は7月から検察庁職員の不祥事や不適切な捜査を調査する監察担当の部署を新設する方針を決めた。 詳細 現在警察や国税当局には独立した監察部門があるが、検察局にはない。 この機関の目的は、行き過ぎた捜査・追求による冤罪の発生の防止とされている。 監察担当部は最高検に設置し、検事5人前後と事...
緊急時の港湾機能喪失を防げ~改正港湾法について~... 概要 震災が発生して産業用並びに生活用物資が欠乏した際、大量輸送を支える最寄の港湾機能の復旧が遅れれば経済的な大打撃は避けられない。首都直下地震等の発生時には、三大湾(東京湾・大阪湾・伊勢湾)において大きな被害が出ることも予想される。こうした事態に対処すべく、今国会では東日本大震災を教訓として港湾...
産経新聞支局長の起訴に見る、韓国司法の問題点... 産経新聞支局長在宅起訴までの流れ 10月8日、産経新聞の前ソウル支局長の加藤達也氏が情報通信網法上の名誉毀損罪で韓国のソウル中央地検に在宅起訴された。 前支局長は、8月3日に産経新聞のWEB版に朴槿恵大統領に関する記事を掲載。これが朴大統領の名誉を毀損したと判断されたことが理由である。 問題と...