債権法改正~債務不履行責任(民法415条)

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

1、はじめに

 平成29年5月26日、「民法の一部を改正する法律案」及び「民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案」が国会で可決成立し、長年議論されてきた債権法改正が現実のものとなりました。
 本稿では、企業法務においても最もなじみの深い条文の一つともいえる民法415条(債務不履行責任)の改正についてまとめていきたいと思います。

2、民法415条新旧対照表

【現行法】
(債務不履行による損害賠償)
第415条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは,債権者は,これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも,同様とする。
【改正法】
(債務不履行による損害賠償)
第415条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは,債権者は,これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし,その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは,この限りでない。
② 前項の規定により損害賠償の請求をすることができる場合において,債権者は,次に掲げるときは,債務の履行に代わる損害賠償の請求をすることができる。
一 債務の履行が不能であるとき。
二 債務者がその債務の履行を拒絶する意思を明確に表示したとき。
三 債務が契約によって生じたものである場合において,その契約が解除され,又は債務の不履行による契約の解除権が発生したとき。

3、改正民法415条第1項について

 現行法の条文と比較すると、「債務の履行が不能であるとき」という文言が付加されたことと新たにただし書きが追加されたことが注目されます。
(1)「債務の履行が不能であるとき」
 「債務の履行が不能であるとき」とは、現行法の解釈上判例通説となっている「本旨不履行には履行不能の類型が含まれる」という従来の解釈を明文化する趣旨のものであると考えられます。
(2)改正民法415条1項ただし書き
 改正民法415条1項ただし書きは、現行法の本文後段の「債務者の責めに帰すべき事由」という要件が「債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして」という文言が追加されて「債務者の責めに帰することができない事由」と書き改められて、ただし書きに移動されたものです。
 従来の条文は、文理解釈すると債務者の帰責事由の立証責任は債権者側が負うとも解釈されうる書き方でした。もっとも、そのような解釈は公平の見地から妥当ではないとされ、立証責任は債務者側に帰責されるべきであると解釈するのが従来の判例通説でした。従いまして、本文の記載がただし書きに移動した趣旨は、要件事実論における従来の通説である「債務者側が免責事由の立証責任を負う」という解釈を条文の形で整理することにあると考えられます。
 現行法上の債務者の帰責事由の解釈については、「故意、過失又は信義則上これと同視すべき事由」という判例法理が存在します。「債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして」という文言と現行法の判例法理との関係性については今後の議論が待たれるところですが、「信義則上これと同視すべき事由」と「取引上の社会通念に照らして」という文言に一定の共通性が見られることから、現行の実務に直ちに影響を与えるものではないのではないかと考えられます。

4、改正民法415条第2項について

 現行法上、判例は一定の場合には「履行に代わる損害賠償(いわゆる填補賠償)」請求を認めるという解釈を取っています。改正民法415条2項はこの判例法理を明文化する趣旨であると考えられます。

5、まとめ

 民法415条は任意規定ですので、契約条項において損害賠償条項の合意がある場合には当該契約条項が優先されます。従いまして、現在締結している契約に損害賠償条項がある場合には実務上何らかの対応をする必要性はないと考えられます。
 契約書に損害賠償条項がない場合においては改正民法415条の適用を受けることとなりますが、今回の改正は裁判実務上の通説判例の見解を条文の形で整理したものと解釈できますので、裁判実務上の影響が生じる可能性は低いものと考えられます。
 債務不履行責任を規定した現行民法415条は条文上の表現と解釈学上の判例通説との乖離が大きい条文の一つでした。改正民法415条は、この条文上の表現と判例通説の乖離を埋めることを趣旨とした改正といえるのではないでしょうか。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約2年3ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:,
 
[著者情報] matsu

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

契約法務 民法・商法 法改正
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第8回(全8回)民法改正対応
2020年01月29日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
滝 琢磨
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

2002年 中央大学法学部法律学科卒業
2006年 最高裁判所司法研修所入所
2007年 第二東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2010年 金融庁総務企画局市場課勤務 (インサイダー取引・金商業規制・課徴金事案等を担当)
2013年 TMI総合法律事務所復帰
2016年 パートナー就任

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
申込・詳細はコチラ
契約法務 民法・商法
《東京会場》第124回MSサロン「AI開発委託契約の留意点 ~委託者の視点から考える~」
2020年02月20日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
永島 太郎
内田・鮫島法律事務所 弁護士

2006年03月 北海道大学獣医学部卒業/獣医師国家試験合格
2006年04月 農林水産省 入省(2008年3月まで)~動物・畜産物の輸出入に係る許認可業務に従事
2008年04月 京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻 入学(未修者枠)
2011年03月 京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻 修了
2011年09月 司法試験合格/11月 司法研修所 入所
2012年12月 第一東京弁護士会登録(新65期)
2013年01月 大塚製薬株式会社 入社(2017年1月まで)~医薬品に係る国内外の契約業務、会社設立等の資本・事業提携業務等に従事
2017年02月 弁護士法人内田・鮫島法律事務所入所 この著者の記事一覧へ
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「AI開発委託契約の留意点 ~委託者の視点から考える~」です。
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

北海道銀行とTRANBIが業務提携、中小企業M&Aの法務デューデリジェンスについて... 1.はじめに  国内最大のオンラインM&Aプラットフォーム「TRANBI」を運営する株式会社トランビが株式会社北海道銀行と事業承継問題で悩んでいる中小企業のM&A問題に取り組む業務提携することを決定しました。これにより、北海道の中小企業のM&Aへの支援が強化されることに...
福島第一元作業員 労基署に申し立て... 事案の概要 東京電力福島第一原発事故の収束作業で、東電と作業を請け負った関電工(東京都港区)が、高い放射線量の中で被ばくを最小限に抑えるよう必要な措置をせず、作業を続けさせたのは労働安全衛生法違反に当たるとして、福島県いわき市の元作業員男性(46)が、両社を同県富岡労働基準監督署に申し立てた。  ...
来春から有給取得義務化へ、改正労働基準法について... はじめに  働き方改革関連法案の施行の一環として来年4月1日から年次有給休暇の取得が義務化されます。厚労省の全国調査では有給取得率は49.4%と5割を切っており、取得率改善が期待されております。今回は有給取得を義務化する改正労働基準法について見ていきます。 年次有給休暇制度の概要  労働基...