分譲マンション管理、求められる法改正。
2011/12/19   不動産法務, 民法・商法, 住宅・不動産

概要

分譲マンションの管理をめぐり、トラブルが後を絶たない。マンション管理適正化法を見直す必要にせまられている。

内容

分譲マンションの管理組合に関わるトラブルが増加している。そもそも、管理組合への関心が低いこと、高齢者の多い管理組合が多いこと、投資用ワンルームマンションが増えていることが原因といえる。

事例の一つとしては…
高齢者が増え、管理組合が機能していないことに漬け込んで、管理費用を騙し取る事例が多発している。詐欺を働くのが管理会社の社員である場合がある。

なぜなら、マンション管理は、管理組合の総会に基づき、理事会が実行するの通常の方法である。ただ、具体的な業務はマンション管理会社に委託されることが多い。そのため、マンション管理会社の社員が事件に関与しやすい状況にあるのだ。会社のコンプライアンスが不十分な場合には、特にこのような事態が生じやすい。

以上のようなトラブルを回避するため、来年の夏をめどにマンション管理適正化法の見直しをする動きがある。

雑感

確かに、マンション管理組合への関心は低い。総会出席率などは、目も当てられないほどの組合も多いはずである。また、委員となるものが誰かなどは押し付け合いの場合もあると思われる。このような、住民の消極的な態度にも大きな問題がある。

しかし、事故の財産を守るということをもっと認識すれば、組合への参加もまた違ったものになる。法改正もさることながら、組合員、マンション住民自体の意識改革も必要なのではないか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。