「すき家」が防犯体制強化へ
2011/10/14   コンプライアンス, 危機管理, 民法・商法, その他

概要

 牛丼チェーン最大手「すき家」の運営会社「ゼンショー」(東京)は、来年3月までに通常1人の夜間勤務を複数に改めると発表した。警察庁の要請を受け、店舗の防犯体制強化を決断したことになる。

 牛丼チェーン店をめぐっては近年強盗事件が相次いでおり、今年1~9月に全国で起きた未遂を含む71件のうち、約9割にあたる63件がすき家で発生していたことが判明。また、5月までに襲われたすき家38店を調査した結果、35店が夜間は1人勤務だったため、警察庁がゼンショーに対し、防犯体制の強化を要請していた。

 当初、ゼンショーの広報担当者は防犯への取り組みに否定的であったが、その後一転して真剣に防犯に取り組みたい旨を話しているという。

雑感

 ここ数年、すき家をはじめ、松屋や吉野家などの牛丼チェーン店は牛丼を300円以下にするなど低価格競争を繰り広げている。確かに、牛丼一杯を250円といった安い値段で食べられることは、一消費者として大変魅力的である。

 しかし、今回の強盗事件の件数の増加は低価格競争と無関係ではないだろう。経営や利益を重視するあまりに人件費を削減し、従業員の雇用環境の悪化を招いたのでは本末転倒である。とりわけ、夜間の営業では来客数は少ないものの、犯罪も起きやすいため、防犯体制の強化はごく当然である。今回のゼンショーの経営判断は妥当なものとして評価できる。  

 景気悪化の影響からか、今やアルバイトですらも1週間の勤務日数が2,3日程度では雇ってもらえないとの話を聞くことがある。ただ、牛丼チェーン店の魅力は低価格だけではないはずである。
 
 すき家は牛丼の種類に加え、カレーライスやまぐろたたき丼など、他に比べてメニューも豊富であるという特徴を有している。これを機に各牛丼チェーン店は過剰な価格競争を見直し、他の独自の特徴を打ち出すべきであると考える。

すき家ホームページ

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。