羽田の航空管制官、エアフォースワンの飛行計画情報を漏えい。
2011/09/12   コンプライアンス, 情報セキュリティ, 民法・商法, その他

羽田の航空管制官、エアフォースワンの飛行計画情報を漏えい。

羽田空港の50代の男性航空管制官が、アメリカ・オバマ大統領の専用機、通称「エアフォースワン」の飛行計画情報をインターネット上に流出させていたことが判明した。
男性管制官は、オバマ大統領が来日した際のフライトプラン等をコンピューター端末からプリントアウトしたものをカメラで撮影、これを自身のブログにアップしたという。
男性管制官は、「知人に知ってもらいたかった」という、なんとも子どもじみた理由を動機として語っている。

流出した情報の中身

管制塔の内部の様子、エアフォースワンがソウルの空軍基地を出発して羽田空港に到着するまでの飛行ルート、飛行高度、通過時間、福島第1原発のデータを収集するため日本を訪れた米軍無人偵察機「グローバルホーク」のフライト情報、同機の現在地が記されているレーダー情報etc.

雑感

9・11テロから10年を迎え、テロ対策に神経をとがらせているアメリカでは、エアフォースワンの飛行情報は、高度な機密情報として取り扱われている。エアフォースワンの高度や速度等を把握することは、エアフォースワンへのテロをより容易にするものだからだ。

日本とアメリカは同盟国である。同盟国間では、高度の情報共有が必要となるが、一旦、「情報保全で劣る国」とのレッテルを貼られてしまうと、アメリカとしても、機密情報を共有することをためらいがちになり、それに伴い日米間の関係が弱体化するおそれがある。

羽田空港に各国首脳が来るのはそんなに珍しいことではない。ましてや、今回問題となった男性航空管制官はその道30年の大ベテランである。各国の高度な機密情報を扱う機会はこれまでにも度々あったはずである。
今回の事件の原因として、やはり、社内教育や社内ルールの作成部分が極めてずさんであったことが考えられる。

航空管制官の機密の漏えいが重度な国際問題になるおそれがあることの意識付け、カメラや携帯電話等の私物の持ち込みの制限、コンピューター端末からのプリントアウトに厳格な手続きを課す等、厳格な機密保持対策がなされていたようには見えない。

一旦、機密が漏えいしてしまうと、これを取り返すことは事実上不可能である。今後、二度と同様の事態が生じないよう、会社組織内での機密保持体制の再構築に全力を挙げて欲しい。

上間法務行政書士事務所
行政書士 齊藤 源久(さいとう もとひさ)

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。