悪天候にもめげずに実施された嵐のライブ
2011/09/07   コンプライアンス, 危機管理, 民法・商法, エンターテイメント

問題の所在

 4日、国民的人気グループ嵐のライブが東京・国立競技場で行われた。
公演は台風12号の影響から当初の日程を変更して行われたが、当日も激しい雨と強風にみまわれた。
 このような、野外イベントには天候上のリスクが常につきまとうが、悪天候下でのイベント開催上の問題点にはどのような問題があるだろうか。

生じうるリスク

 先月、アメリカのインディアナ州で行われた野外ライブでは、突如発生した強風により、ステージの屋根が崩壊する事故があった。その結果、5人が死亡し、40人以上が怪我を負っている。イベント主催者が悪天候による事故の可能性が予測できたにもかかわらず、イベントを中止しなかった場合、主催者には事故の被害者に対して責任を問われるだろう。その一方、イベントを中止した場合にも、主催者はチケット払い戻しのリスクを負うと考えられる。

リスクへの対処

 このようなリスクを避けるためには、各種のイベントへの加入が考えられる。イベント保険には、興行が中止になった場合の興行中止保険、設置した施設の崩壊や主催者の運営上の不手際により入場者に施設賠償責任保険がある。ツイッターやインターネットの書き込みで容易に人を集めることができるようになった現在、イベントの開催は身近なものとなっている。そのため、今後イベント保険のニーズや重要性は高まっていくと考えられる。

所感

 しかしながら、入場者が怪我を負うことなく、イベントが開催されるに越したことはない。先日の嵐のコンサートは、主催者側は公演日程を変更し、また、強風を考慮して、高さ80メートル×距離100メートルのフライングを取りやめるなど、入場者及び公演者の安全に配慮した形でイベントを実施した。
 イベント主催者による適切な状況判断がなされた一例ではないだろうか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。