ロッテのガバナンス強化について
2015/12/09   商事法務, コンプライアンス, 会社法, その他

1、ロッテの統治改革について

 韓国ロッテグループ会長を兼任する重光昭夫ロッテホールディングス副会長が日本のロッテの株式上場と社外取締役の増員を検討している旨、2015年12月9日付日本経済新聞朝刊が伝えている。
 このロッテの株式上場と社外取締役の増員の狙いは何か。まずロッテグループの現状からみていきます。

2、ロッテグループの現状について

 ロッテホールディングスの経営をめぐって創業者の重光武雄氏の指示で長男の重光宏之氏が1月副会長を解任されています。ところが、7月に宏之氏が武雄氏を伴い武雄氏を除く取締役全員を解任を宣言しました。これに対して取締役会は武雄氏を名誉会長に退かせています。そして、8月の株主総会では現経営陣の体制が承認されました。
 これを受けて宏之氏は解任に伴う損害賠償を求めて日本と韓国で提訴し、武雄氏も経営復帰を求めています。

3、統治改革の狙いについて

 このようにロッテグループでは、経営権をめぐって創業者一族が争っています。ロッテホールディングスの中核をなすロッテは、ロッテホールディングスの完全子会社です。この中核をなすロッテが上場することによって市場からの厳しい目にさらされ企業の体質改善につなげることが狙いであると思われます。
 また、社外取締役の設置は、代表権限のある取締役と直接利害関係のない者を取締役会に入れることによって取締役会の監督機能を強化する狙いがあると思われます。8月の時点で元参議院議員で弁護士の佐々木知子氏を同社初の社外取締役に選任していました。今回の増員は、非上場会社11社で社外取締役を選任する予定です。これによって、グループ全体を通して取締役会の監督機能を強化し経営の透明化を図り創業者一族の争いの影響をグループ全体に波及させないことが目的であると思われます。

4、まとめ

 今回のロッテの統治改革は、現経営陣がグループ全体でのガバナンスを強化し創業者一族の経営権への影響を排除して所有と経営の分離を図り経営の透明化を図りグループ全体の把握を進める狙いがあると思われます。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。