ピークを迎える株主総会-「物言う株主」復活!?-
2013/06/21   商事法務, 総会対応, 会社法, その他

事案の概要

 3月期決算企業の株主総会の開催が、6月27日にピークを迎えた。「アベノミクス」による円安・株高を背景に、東証1部の4割の企業が増配に踏み切る。一方で、投資ファンドなど「物言う株主」が復活の兆しをみせている。
 日銀の資金循環統計によれば、国内の民間日金融法人がもつ現金、預金は2013年3月末時点で225兆円と言われる。この額は5年連続で増加しており、企業が資金をため込んでいる状況が伺える。増配で潤う株主も、この巨額資金をどのように活用するかには、厳しい視線を向けている。対する企業側も、経営者が株主に資金の使い道をどのように説明するのか。

コメント

 日本人は、「空気」を読むことが美徳であると考える人が多い。そのためか、反対すべき場合でも、雰囲気が悪くなるようであればNOと言えない人が多い。
 こうしたNOといえない日本人は、かつては株主も同じであった。複数の会社がお互いに相手側に株式を保有することにより、株主が経営に口をだせないシステムが作り上げられていた。
 しかし、近年では外国人株主が日本企業の大株主となることによって、日本企業の経営にものをいう株主が増加している。このように、日本の経営にNOと言える株主、物言う株主が増えてきたことは、日本の経営を今後変えていくことになると考える。
 本日のニュースにもある通り、企業としては資金を内部留保したがる傾向にあるようである。最近は昔に比べて配当性向が高くなってきているようであるが、これも物言う株主の増加傾向に関連すると考える。したがって、今後経営トップには、より一層の緊張感が求められていると言える。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。