ベンチャー企業に朗報? 政府が新たな資金調達の仕組みを検討。
2013/04/23   法務相談一般, 民法・商法, ベンチャー全般

事案の概要

政府は、ベンチャー企業がインターネットを経由して、広く資金を調達することが出来るように、新たな制度の導入を検討する。

政府の規制改革会議に4月11日、金融庁が提出した資料によると、クラウドファンディングという手法を活用して、ベンチャー企業の資金調達を促進する方針だ。

クラウドファンディングは、新規・新興企業がネットを経由して、投資家から小口の資金を幅広く調達する仕組みで、アメリカではベンチャー企業の資金調達手段として広く活用されている。また、2012年4月にはJOBS法が成立し、クラウドファンディングによる株式の発行まで可能となっている。

新しく事業を始めようとしても、資金調達に行き詰まり、事業化に至らない場合も多い。株式の発行は証券会社を通じて行われるが、現行制度では、上場株よりも情報開示が劣る未公開株について、募集や販売を厳しく制限している。 証券会社を通じて、ベンチャー企業など非上場企業の株式を売買する制度として、1997年に日本証券業協会が創設したグリーンシート制度が存在するが、この制度利用企業は減少しているのが現状である。

こういった状況を踏まえ、証券会社以外の金融仲介業者を通じても、インターネット経由で、株式形態での資本調達を可能とする制度を導入する構えだ。

コメント

上記の方向で制度改正がなされれば、資金調達に苦しむ新興企業にとっても、有望な投資先を求めている投資家側にとっても、メリットがあるといえる。

一方で、投資を巡るトラブルの防止策も必要である。投資家保護の観点から、仲介業者の参入要件をどのように設定するか、投資家の年間投資額に上限を設けるべきかといった課題も存在する。

また、投資を募る企業側は、事業化に向けたアイデア、プロジェクト、技術開発の概要をある程度公開することが求められる。公開されるがゆえに、それが他者に流用されるリスクに対する備えも必要となる。

参考資料

規制改革会議、金融庁提出資料PDF

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。