野村証券、インサイダー情報漏洩で処分される
2012/10/16   金融法務, 金融商品取引法, 金融・証券・保険

事案の概要

 16日、日本証券協会は、野村証券に対し、公募増資インサイダーの情報漏洩に関し、過怠金3億円を科すと発表した。この過怠金額は過去12年間で最大となる。
 今回の処分は、野村証券の社員が、企業の増資に関する情報を取引先に漏らし、インサイダー取引が行われた問題で、同社が法人関係情報の管理に不備があったことに対する処分である。具体的には、チャイニーズウォールが機能しなかったと判断された。チャイニーズウォールとは、同一企業内の部門間に設けられる情報障壁を意味し、本件でいえば、引受部門と営業部門に設けられる情報障壁のことをいう。

コメント

 インサイダー取引自体は、摘発と発生はいたちごっこの感がある。しかし、証券会社としては、インサイダー取引を防ぐために、ひいては、予防という観点から効果があるとされる策を講じべきであろう。そうでなくては、業界が先細ってしまうし、その策を講じることが業界の共通認識になっている場合には、本件のように多大な経済的損失を被ることにもなってしまう。証券会社としては、内部統制をきちんと構築できる人材が必要だろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。