オリンパスとソニーが資本・業務提携、医療機器分野の合弁会社も設立へ
2012/10/04   戦略法務, 会社設立, 会社法, メーカー

事案の概要

第三者割当増資という形でソニーはオリンパスに500億円を出資し、ソニーは発行済み株式の11.28%を保有する筆頭株主になる。その上で、両社は、内視鏡開発のための新会社を共同出資で設立する。

今回の資本・業務提携により、オリンパスは、巨額の損失隠し問題で悪化した財政基盤を強化し、デジタルカメラ事業の再建を急ピッチで進めることになる。ソニーは、内科用の内視鏡で世界シェアの7割を占めるオリンパスと業務提携することで、医療分野への本格参入の足がかりにする狙いだ。新会社では、ソニーが持つ映像技術を活用し、画期的な新製品の開発を目指す。同時に、外科用内視鏡機器と関連事業の市場において、20%を超えるマーケットシェアの獲得を目指す。

コメント

医療機器分野だけでなくデジタルカメラ事業でも相互の乗り入れを強める意向であり、再建を目指しつつ両社のノウハウを生かせる提携で、合理的なものだと思われる。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。