サムスン、「iPhone5」を特許権侵害の訴訟対象に加える構え
2012/09/21   知財・ライセンス, 特許法, メーカー

概要

韓国サムスン電子は、米アップルと係争中の特許訴訟の対象に最新スマートフォン(多機能携帯)「iPhone5」を加える考えを明らかにした。

今まで、サムスン電子は、アップルのスマートフォン「iPhone4S」「iPhone4」、タブレット型多機能端末「新型iPad(アイパッド)」「iPad2」やサービスが自社の標準特許2件と商用特許6件を侵害したとして、アップルを提訴していた。

サムスン電子は米国の裁判所に提出した書類で、「訴訟よりも技術革新を通じた市場競争を望むが、アップルが訴訟により市場競争を制限している状況の中で、持続的な革新と知的財産権の保護のため最低限の対応をせざるを得ないと判断した」と説明している。 

現在、両社は10カ国で特許をめぐり争っている。

コメント

今回には、サムスンは米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)の新製品「iPhone(アイフォーン)5」を訴訟に加えることとなった。これにより両社の法廷闘争は一段と激しくなってくることが予想される。

【関連リンク】
サムスン、「iPhone5」を訴訟対象に加える構え
サムスン、「iPhone 5」のLTE関連特許侵害でアップルを提訴する構え
企業法務ナビ サムスンとアップルの特許訴訟の行方

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。