ヤフーのメール新広告、総務省が容認も26万人が拒否登録
2012/09/20   法務相談一般, 民法・商法, IT

概要

ヤフーの新広告は、ヤフーの無料メールサービスのタイトルや本文を機械的に解析し、画面上に利用者が興味を持ちそうな広告を表示する仕組みとなっている。例えば「野球」という単語があればバットやグローブなどの広告を表示する。

この新広告を巡っては、ヤフーメールの非会員が会員に宛てたメールも読み取られることから、電気通信事業法が保障する「通信の秘密」の侵害に当たるかどうかが問題となっていた。しかし、総務省は「通信の一方の当事者である会員の同意をとれば、問題ない」と判断し、川端総務相は19日の記者会見で、「許容範囲である」と述べ、新広告を認める考えを示した。

これを受け、ヤフーは同日正午から新広告を始めた。

 一方、ヤフーによると、この新広告の方針を公表後、26万人の利用者が広告を拒否する登録をしたという。

コメント

ヤフーの新しい広告が始まった。総務省からは、容認されたものの、「プライバシーの侵害では」という指摘も上がっている。26万人の利用者が広告を拒否する登録をしていることからも、利用者の不安を完全にはぬぐいされていないのが現状である。
利用者のプライバシーに配慮しつつ、利用者が興味を持ちそうな広告を展開できるか、という課題はまだ残されていると考える。

【関連リンク】


  • ヤフー導入のメール新広告、総務省容認 「許容範囲との結論」 - SankeiBiz(サンケイビズ)(リンク切れ)→アーカイブ

  • 国は容認のヤフー新広告、26万人が拒否登録(読売新聞) - livedoor ニュース(リンク切れ)→アーカイブ

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。