シンガポールで、外国事務所の進出がより活発になるとの見通し
2012/07/11   海外法務, 海外進出, 外国法, 士業事務所

事案の概要

今年5月29日、シンガポールのシャンムガム法務大臣は、シンガポールでの法務事業の展開を希望する法律事務所に対し適格外国法律事業所(QFLP)ライセンスを付与する、と発表した。QFLPライセンスを得た外国の法律事務所は、企業法務分野において、現地事務所と提携を経ずに、単独でシンガポール国内法に関するサービスを提供できることになる。

2008年の第1期に続き、2期目の募集となる。第1期では、アレン・アンド・オーヴェリー、クリフォード・チャンス等、6事務所にライセンスを交付していた。
今回の募集では、DLAパイパー、リンクレーターズ等多数の事務所が応募に興味を示しているという。

募集の背景にあるのは、シンガポール経済の成長に伴う法務マーケットの成長だ。過去5年間、毎年10パーセントずつ成長を続けている。2012年現在、シンガポールには100以上の国際法律事務所があり、外国人弁護士の数も、2007年の633人に比べ、2倍の1200人に増えた。単独でシンガポール法実務を行うことができる外国法律事務所が増加すれば、法務マーケットは更なる伸びをみせると推測される。

第2期の募集は8月31日に締め切られ、法務省の評価・選定委員会の審査を経て、今年末までにはQFLPライセンスが付与される事務所が決定するという。

コメント

経済の好調に伴う法務マーケットの拡大に、今後も注視したい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。