カテゴリー: 法務ニュース

企業法務に関する最新のニュース・コラムをお届けします。

記事:公取委が「ゲンキー」に立入り、優越的地位の濫用についてのイメージ画像
企業

公取委が「ゲンキー」に立入り、優越的地位の濫用について

mhayashi (2018/11/14 16:27)

 公正取引委員会は7日、納入業者から従業員を派遣させ、無報酬で働かせていた疑いがあるとしてドラッグストア「ゲンキー」(福井県)に立入検査を行なっていたことがわかりました。在庫の一方的な返品を行なっていた疑いもあるとのことです。今回は独禁法の規制行為の中で比較的わかりにくい優越的地位の濫用について見ていきます。

記事:兼業・副業禁止規定違反に対する会社の対応のイメージ画像
法務ニュース

兼業・副業禁止規定違反に対する会社の対応

hisamatsu (2018/11/14 12:00)

来年10月から一部の消費税が10パーセントに引き上げられることが表明されました。ますます懐事情が厳しくなることから、兼業・副業をしようと考える人が増えることが考えられます。また、政府の働き方改革では兼業・副業が推進されています。
このような状況の中、2017年にリクルートキャリアが行った調査によると77、2パーセントの会社が兼業・副業を禁止しています。
多くの会社が兼業・副業を禁止しているという実情がありますが、兼業・副業が発覚した場合、会社は懲戒処分を行うことができるのでしょうか。

記事:契約期間の定めについての問題点のイメージ画像
法務ニュース

契約期間の定めについての問題点

maekawa (2018/11/05 12:00)

契約期間の定めは、事業の担当者で決めるべきとの認識があるため、企業の法務部員の目が行きにくいものですが、継続的契約においては特に重要な法的要素にもなるし、紛争の原因ともなりかねない重要なファクターでもあります。そこで今回は、とりわけ問題となりやすい「継続的契約の終了の制限の法理」と「委任契約における任意解除権」に絞って説明していきます。

記事:縫製会社を書類送検、労基法の強制貯金規制についてのイメージ画像
法務コラム

縫製会社を書類送検、労基法の強制貯金規制について

mhayashi (2018/10/31 17:58)

青森県十和田市の縫製会社「昭和ドレストワダ研究所」が外国人実習生の賃金の一部を強制的に貯蓄させていたとして26日、十和田労基署は労基法違反の疑いで書類送検していたことがわかりました。逃亡阻止が目的だったとのことです。今回は労基法が禁止する強制貯金について見ていきます。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ