【特集】第5回 総会の議長の権限行使について 

第1 はじめに

 こんにちは。企業法務ナビの企画編集部です。「株主総会における企業の対応」というテーマで特集記事をお送りしてきましたが、第5回目の今回が最終回となります。今回は、株主総会の議事進行を務める議長の権限行使について、そもそも議長って誰がやるの、どんな権限を持っているの、といった観点からみていきたいと思います。

第2 議長とは

 まず、株主総会の議長とは、当該株主総会の秩序を維持し、議事を整理したり、また、議長の命令に従わない者その他当該株主総会の秩序を乱す者を退場させることができる者のことをいいます(会社法第315条)。株主の利害関係が対立するような株主総会では、単純に議事進行するだけではなく、その権限を行使して株主を総会から退場させるようなこともある、なかなか大変な役回りです。

第3 議長の資格

 会社法には、議長の資格についての規定はありません。そのため、実際の株主総会においては、定款で予め決めておくか、又は、株主総会毎に改めて決めるといった方法が採られています。

1 定款で予め決めておく場合

 株主総会の議長の決定方法というのは、会社の重要なルールですから定款に記載します。上場会社の多くは、議長は社長がなると決まっている会社が多いですが、社長以外の取締役や株主がなると決めることもできます。予め決める場合には、定款に定められた人が株主総会に出席できなかったことも考えてルールを決めるように注意しましょう。

2 株主総会毎に改めて決める場合

 毎回、株主総会の冒頭で出席者全員で決めることになります。この決め方も決まりはないので、出席者による指名や立候補など、その場で決められる方法で行うことになります。

「株主総会の議長は誰ですか?」(ふるき行政書士事務所)

第4 議長の権限

 議長には、会社法上認められた権限として、①秩序維持権、②議事整理権、③退場命令権があります(会社法第315条第1項・第2項)。議事を妨害する株主に対しては、議長が、まず①及び②の権限に基づき、説得・警告や発言禁止・着席命令を発し、それでもなお当該株主が妨害行為をやめない場合には、③の権限に基づき退場命令を発することができます。もっとも、著しい妨害行為を行う特殊株主に対しては、早い段階で③の権限に基づき退場命令を発することも許されます。

1 権限の発生時期

 多くの会社の株主総会では、定款の定めに基づいて、開会宣言とともに議長が就任宣言を行っています。この開会・議長就任宣言により、議長は、総会の議長としての上記3つの権限を取得すると解されています。なお、この議長就任宣言より前に騒いだり、危険行為に及んだりする株主がいた場合には、議長の退場命令ではなく、会社としての施設管理権に基づき、議場から退出させる等の措置を適宜講ずることができると考えられています。

2 ①秩序維持権

 秩序維持権とは、出席株主の正当な質問権、議決権行使を阻害する違法行動を排除し、総会の秩序を維持する権限をいいます。

3 ②議事整理権

 議事整理権とは、議事を整理するために質問者・答弁者を指示し、発言時間を制限し、発言内容が総会の目的事項以外にわたる場合は、警告を与えるなどして、総会が適正な時間内で十分に実をあげるよう、円滑な運営を図る権限をいいます。

4 ③退場命令権

 議長の退場命令は、質問権や議決権という重要な株主の権利を剥奪するものですから、最終手段として利用されるべきものと考えられています。そこで、原則として、退場命令を発する前に、警告を行うなどの措置を採る必要があります。この場合、議長は、初回の警告→これ以上続けると退場になる旨の警告→退場命令、の3つの段階を経ることが基本とされています(「3回ルール」)。これに対し、株主の妨害の程度が著しい場合には、例外的に、警告などの手順を踏まず、いきなり退場を命じることもあります。この場合には、後日決議取消訴訟や損害賠償請求訴訟等において争われた場合、議長の権限濫用と評価される可能性もあるので注意が必要です。

(1) 退出のさせ方

 議長が退場命令を発したにもかかわらず当該株主が退場命令に従わない場合の退出のさせ方としては、まずは当該株主に任意の退出を促します。もし、株主が任意の退場を拒んだ場合には、議場内における株主総会進行に係る秩序維持のためのやむを得ない自力救済として、社会通念上相当な範囲内で必要最小限度の有形力を行使することができると解されています(京都地裁判決平成12年6月28日、金判1106号57頁)。例えば、株主が任意の退場を拒んだとしても、当該株主の衣服等をつかんだり、身体を引っ張ったりするのではなく、単に両手を広げて身体全体で株主に圧力をかけ、退出を促すのが相当と考えられています。

(2) 退場命令の適法性に関する裁判例

 退場命令の適法性については、罵声、怒号、ヤジや罵詈雑言などの不規則発言を続けていた株主に対し、当該不規則発言を中止しないと退場を命じる旨警告したうえで発せられた議長の退場命令は適法である、と認定された裁判例があります(佐藤工業事件)。

「株主総会における議長の権限と退場命令」(BUSINESS LAWYERS)

第5 円滑な総会運営をするには

 株主総会を充実したものにするためには、株主に質問・発言の機会を十分に与える必要があります。一方で、株主総会を混乱させる、いわゆる総会屋などにも対処する必要があります。そのため、議長は、上記権限を行使して、円滑な総会運営をしていかなければなりません。裁判例なども参考にして、実際にどういった対応策が認められているのか確認しておく必要があります。
 具体的な対応策については、以下のサイトが参考になりますので、紹介させていただきます。

「株主総会の運営」(ロア・ユナイテッド法律事務所)

「荒れる総会 5つの対策」(特定非営利活動法人マンション管理支援協議会)

第6 おわりに

 全5回にわたり、「株主総会における企業の対応」というテーマで特集記事をお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか。今回の特集が、充実した株主総会の一助となれば幸甚です。最後まで、お付き合い下さり有難うございました。

(文責:watanabe1)

関連業務タグ:,
関連法律タグ:
 
[著者情報] moriyama

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

業務提携・資本提携・経営統合・合併などまとめ... 初めに  近日、コカ・コーラグループと、キリンホールディングスが、清涼飲料事業で資本業務提携する方針を固めた。さらにトヨタとスズキは業務提携に向けた検討をすると発表している。また日産自動車と三菱自動車は資本提携を締結した。業務提携、資本提携とはどのように異なるのか。一方で、ファミリーマートとサ...
債権回収会社を利用して債権回収をする方法について... 1 はじめに  今回は、企業が取引先等から自力で債権を回収することが困難な場合に、債権回収会社を使用して債権回収を行う方法について説明します。 2 債権回収会社とは  債権回収会社(サービサー)とは、以下の業務に関して法務大臣の許可を得た民間の債権管理回収専門業者です(債権管理回収業に関す...
【法務NAVIまとめ】そのメルマガは大丈夫?!メルマガの法規制~特定電子メール法~... はじめに メルマガ(メールマガジン)を配信している事業者は数多く存在しますが,意外と忘れがちになっているのが「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)」の存在です。メルマガを配信する際には,特定電子メール法の規制を守る必要があり,これに違反している場合には,罰則を受けるお...