こんにゃくゼリー男児死亡訴訟、両親の控訴棄却
2012/05/25   訴訟対応, 製造物責任法, メーカー

事案の概要

2008年、兵庫県内に住む当時1才9ヶ月の男児がマンナンライフのこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡した事件で、製品の欠陥が原因だとしてPL法(製造物責任者)に基づき両親が同社を提訴した事件。
 八木良一裁判長は、原告敗訴とした1審判決を支持し、両親の控訴を棄却した。

 両親は一審において、当時流通していたこんにゃくゼリーについて、一般のゼリーより硬く、子供にはかみ切りにくかった、のどに詰まる恐れがあるので子供や高齢者は食べないように、と呼びかける袋の警告表示が小さかった、などとこんにゃくゼリーの欠陥について主張した。
 しかし一審判決は「硬いのはこんにゃくの特性」とし、警告表示は強調するため赤字で記されていたことなどから「危険性を周知させるには十分だった」と判断していた。

コメント

 PL法は消費者保護のため制定された。主に欠陥商品により消費者が損害を受けた場合、民法の損害賠償責任(709条)を問う場合に必要な企業の過失の立証責任を消費者に負わせず、企業の無過失責任を問えるというものである。

 こんにゃくゼリーについては本事件当時から事故が多発しているとの報道がなされ、こんにゃくゼリーは危険な食べ物というイメージが国民に植え付けられたように思う。実際は食べ物による窒息死亡事故は年間4000人を超えており、そのうちこんにゃくゼリーによる死者は1.7人である。とすれば、こんにゃくゼリー自体に問題があるとは言えず、本判決はこんにゃくゼリーはPL法における「欠陥商品」には当たらないと判示した点で妥当であろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。