政府、消費増税大綱を閣議決定
2012/02/17   税務法務, 租税法, 税法, その他

概要

政府は17日午前、消費増税と社会保障の一体改革の大綱を閣議決定した。1月に政府・与党社会保障改革本部がまとめた一体改革の素案とほぼ同じ内容だ。
野田首相は当初、素案をもとに与野党協議に入り、大綱をまとめる意向だった。しかし、野党が協議に応じないため、素案の内容をそのまま大綱として閣議決定し、改めて与野党協議を呼びかけることにした。しかし、大綱には、民主党がマニフェストに掲げる最低保障年金制度の創設を含む関連法案を13年に国会に提出することなど、野党が反対する内容も盛り込まれ、協議が進むかどうかは不透明だ。

大綱の内容

大綱は消費税が社会補償の安定財源としてふさわしいとして、現在5%の消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%へ段階的に引き上げることを柱としている。
一方、増税への国民の理解を得るため、衆議院議員定数の80削減、国家公務員人件費の削減、独立行政法人の改革を盛り込んだ。

雑感

1月の素案とほぼ同内容のため、目新しいことはない。
財源不足は理解できるが、歳出の削減を先行、少なくとも並行してしっかりと取り組んでいただきたい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。