マツダ工場暴走事件 裁判員裁判の初公判、開かれる
2012/01/26   訴訟対応, 刑事法, その他

事案の概要

2010年6月、広島県のマツダ工場で乗用車が暴走し1人が死亡、11人が負傷した無差別殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元期間従業員、引寺(ひきじ)利明被告人(44)の裁判員裁判の初公判が26日に広島地裁で開かれた。

事件は、2010年6月22日午前7時半ごろという朝の通勤時間帯に発生。
起訴状によると、引寺被告人はマツダ本社工場東正門を自家用車(時速40~70キロ)で暴走させ、出勤中の男性社員を次々はね、浜田博志さん(当時39)を殺害、11人に重軽傷を負わせた、としている。車を暴走させた時間は8分ほどで、車内には出刃包丁を隠し持っていた。

引寺被告人は、「8人目までは認めるが9人目からは認めない」と起訴内容を一部否認。死亡した浜田さんは11番目に車に衝突した。
弁護側は公判前整理手続きで、動機と行動が合理的に結び付かないなどとして
「心神喪失で責任能力はない」と無罪を主張し「工場で騒ぎを起こすことが目的だった」と殺意を否定。
検察側は捜査段階の精神鑑定結果から被告人に「完全責任能力があった」としていた。公判前の精神鑑定は計2回実施された。
公判は計18回開かれ、精神鑑定の鑑定医や被害者ら計32人の証人尋問などを予定しており、判決は3月9日に言い渡される。

私見

マツダ社員から嫌がらせを受けたことへの復讐という、被告人の身勝手な動機から12人もの社員が死傷した。

個人的には、弁護側の主張に納得がいかない。
被告人が復讐をしたかった旨の供述をしており、そして実際に、朝の通勤時間という人が多くいる時間帯に、時速40~70キロの速さで8分もの間、自家用車を暴走させ、被害も上記の通り甚大である。さらには、自家用車での犯行が失敗したら用いたと予測される出刃包丁の存在から、被告人の行為は用意周到であり、今回の犯行は十分に責任能力ある状態だといえるのではないか。

また、自家用車は本来、人の生活の利便性を高めるためのものであるとしても、そのスピードや走行方法によっては凶器となりうる。
今回、犯行現場となったのは正門という、比較的狭く、人が容易に逃げることのできないところであり、上記のようなスピードで8分もの間、暴走していればそれは殺人といえよう。

3月の判決に注目したい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。