ipod 発売から10年、ネット音楽配信のゆくえは
2011/11/17   知財・ライセンス, 著作権法, エンターテイメント

概要

 
 米アップルがipod(携帯音楽プレイヤー)を発売してから17日で10年になる。2003年、同社はネットから音楽を購入できるサービス「アイチューンズミュージックストア」を始め、利用者は急増した。その後、米国のネット経由音楽の売上高は10年に32億ドル(約2500億円)強まで増え、音楽市場全体の47%を占めた。しかし、音楽市場全体は10年まで6年連続で縮小している。実際、米ユニバーサルミュージックグループは11日、英EMIのレコード部門を買収すると発表するなど、音楽大手5社は3社にまで集約が進んでいる。
 そこで、各社は様々なサービスを提供している。
 まず、アマゾンドットコムは3月からクラウドを使ったサービスを始めた。利用者はパソコンやスマートフォンでデータセンターにアクセスすればいつでも好きな楽曲を聞くことができる。ファイルの取り込みや複数の機器へのコピーが必要ない。また、欧州を中心に急激に普及が進んでいるのは英スポッティファイの無料音楽配信サービス。これは、広告収入を主軸とし、その一部をレコード会社やアーティストに還元している。さらに、インターネット検索最大手グーグルは16日、クラウドを使用して音楽のネット配信に参入すると発表した。グーグルの交流サイト(SNS)「グーグル+」と連携し、購入した楽曲を友人と共有できる仕組みを設けている。

雑感

 音楽にお金をかける消費者はますます減少していくと考えられる。既存の物に付加価値がない限りなかなか物が売れない時代になっている。もはやCDを出しただけでは売れる時代ではない。
 ネット音楽配信に参入した各社は①無償あるいは低価格、②利便性、③SNSとの連携という3つの手法を様々に取り入れて競争していくことになる。特にデジタル時代は、③SNSとの連携がいたるところで活用される。法務に携わる人々もITリテラシーの向上が求められるだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。