しょうゆ、世界を駆ける!
2011/10/25   海外進出, 民法・商法, メーカー

はじめに

Q 料理の「さしすせそ」は?
A「砂糖醤油、しょうゆ、酢醤油、せうゆ、ソイソース」

ちょっと考えるとこうした誤回答にもついつい頷いてしまうほど、醤油は日本料理にとって不可欠の存在だ。その醤油が、日本のみならず、なんと世界中の約100以上の国・地域で親しまれているという事実をご存知だろうか。

世界のキッコーマン

 今年3月、キッコーマンはカザフスタンに進出し、醤油の販売事業の展開に着手した。醤油というとドメスティックな事業展開がイメージとして浮かぶが、キッコーマンは約100各国・地域に進出している。2010年には、営業利益192億円の62%は海外で稼いでおり、海外売上高比率は数%というのが珍しくない食品業界では群を抜いている。

グローバル展開、成功の秘訣

 そもそも国によって文化も違えば味覚も異なる。例えば、味噌が国際的に普及しているという話は聞かない。しかしなぜ、日本の醤油だけがこうもグローバルな展開を見せているのだろうか。その秘訣は、キッコーマンの経営戦略にあった。
 米国では「テリヤキソース」、欧州では「スクレ」。現地生産に入る前に、まず、その国・地方に住む人々の味覚にあうような、醤油ベースの調味料を考案し、販売する。あるいは、しょうゆをつかったレシピを紹介し、実際に小売店で試食を提供する。独自の試行錯誤の山の上に培われた、まさに醤油のプロフェッショナルによる熱い経営戦略が実を結んでいるのだ。
茂木友三郎会長は、2020年の醤油の売上を、3000億円とする世界戦略を描く。来る2020年には、南米に工場を立地する展望も抱いており、醤油の世界進出はとどまるところを知らない。

雑感

 長引く不況により閉塞感を抱えている現代の日本社会。しかし、日本のブランドが世界に羽ばたき、高い評価を受け続けているという事実に、多くの日本国民は自信を持つべきだ。

 醤油に栄光あれ!!

(料理のさしすせそ…砂糖、塩、酢、醤油、味噌)

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。