オリンパス社長解任の茶番劇にみる「グローバル化」という言葉の空虚さ
2011/10/14   コンプライアンス, 民法・商法, メーカー

 光学機械メーカー・オリンパスは14日、取締役会において、マイケル・ウッドフォード社長を同氏以外の取締役の全員一致で解任した。ウッドフォード氏は、オリンパスが掲げた「グローバル化」の一環として社長に選任され、今年4月から務めていた。

解任に関するプレスリリース
代表取締役の異動に関するお知らせ(2011年10月14日付)

ウッドフォード氏は4月に社長に就任したばかりだった。
社長交代に関するお知らせ(2011年2月10日付)

 市場の世界化に伴い、「経営のグローバル化」ということが言われるようになってきた。「日本型グローバル経営」という言葉などその最たるものである。しかし、その意味内容は、必ずしも明確ではない。

 今回、オリンパス社長を解任されたウッドフォード氏は、もともとオリンパスの欧州の現地法人で社長を務めた人物であり、外部からの招聘人事ではない。オリンパスの経営陣は、その人となりを知悉し、社長としてどのような経営方針を採用するのか容易に推測でき、考え方の相違があるならばそれを踏まえて調整しえた筈である。そうであるにもかかわらず、たった半年そこそこで「見込み違い」を理由に解任に踏み切り、結局は招聘した張本人である前の社長が復帰しただけ。傍目からはいかにも滑稽な茶番劇にしか見えない。経営陣が無能であったか、「グローバル化」という言葉が流行していてなんとなく乗っただけの所詮ポーズにすぎなかったのか、はたまたその両方か、しか考えられない。実際、今回の件でオリンパスの株価が大幅に下がっており、呆れた投資家達の溜息が伝わってくるようである。

 前社長は任命責任に関する自己批判が皆無であるばかりか、他の取締役の誰も、前社長の任命責任を追求しない。これが「グローバル経営」というわけですか、という皮肉の一つも言いたくなるが、それをさておいたとしても、今回の件は、経営方針について、従来のオリンパスと、ウッドフォード氏とで、どちらが是でどちらが非か、という問題ではない。文化や風土が多様であるように、「グローバル化」が、各企業の個性やその属する国の文化などをまるで踏まえない画一化されたものであるわけはない。それぞれの企業のあり方や経営戦略に応じた、十人十色ならぬ万社万色の「グローバル化」があるということである。どこをどのように維持発展させ、どこをどのように改革するか、という点を明確にしたうえでの「グローバル化」でなければ空虚なものにすぎない。とかく横並び意識が強く、世間体ばかり気にし、美辞麗句を並べたがる独りよがりな経営者が幅を利かす傾向のあるわが国においては、今回のオリンパスと同様の失敗は繰り返されるだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。