やっぱり体育会系の出身者は有能な人材?!
2011/10/11   法務採用, 民法・商法, その他

概要

先日、文部科学省が発表した調査によると、中学、高校とも運動部で活動した人は、活動しなかった人と比べ、最大で20歳程度若い人と同じレベルの運動能力を持っていることが、分かった。
これは、1964年度から毎年実施しているもので、6~79歳までの約7万4000人を対象に、握力、上体起こし、反復横跳び、50m走、ボール投げといった種目を年齢別に選択して調査した。
発表によると、中高で運動部に所属した45~49歳の男性の平均点は60点満点中34.41点で、所属経験のない 20~24歳(33.50点)や30~34歳(33.74点)よりも高かった。また、中学時のみ経験がある45~49歳(32.32点)よりも2点ほど高く、年齢が高くなっても中高運動部に所属した者は高い体力水準を維持していることがわかった。
同様に、女性についても中高運動部に所属した者の45~49歳の平均点は36.17点で、所属しなかった20~24歳(34.67点)や25~29歳(34.28点)より1.5点以上も高いなど、男性よりも大きな差がついた。

感想

体育会系の出身者は礼儀作法、協調性、粘り強さといった点で、就職活動においても高く評価されるということはよく聞く話だ。これに加えて、体力面でも体育会系出身の中堅・ベテラン社員は男女ともに、新人社員にも勝るということが分かった。労働者にとって体は資本であり、会社にとってもハードな業務に心身ともに耐えうる者は欲しい人材の一つである。もちろん、この調査結果が全てに当てはまるわけではないし、会社には多様な人材がいる方が、相乗効果が生まれるという面があることは否定できない。しかし、中堅・ベテランとなり、会社の主要部門を牽引していく人材が体力旺盛な人である方がいいというのは、あまり異論がないはずだ。草食系などと呼ばれる若者が増える中で、今一度、体育会系出身者の利点を考え直してみたらいかがだろうか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。