レアアース安定供給に向けて-中国を牽制か-
2011/10/05   海外法務, 民法・商法, その他

概要

レアアース(希土類)の安定供給を目指す日米欧による共同ワークショップが4日、ワシントン市内で始まった。会合は経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、米エネルギー省、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会の4者が共同で開催した。冒頭で演説した藤崎一郎・駐米大使は、貴重な資源の確保に向けて幅広い国際協力が重要だと訴え、日米欧が連携し世界生産の9割を占める中国の輸出規制へのけん制を強める考えを示唆した。

レアアースは、電気機器の材料として幅広く使われている。例えば、プラズマディスプレー用蛍光体、液晶テレビのバックライト用蛍光体、セラミックコンデンサー、センサー、燃料電池などが主な用途である。 世界のレアアース生産の90%を中国が占めている現状の中、中国がレアアース輸出の規制を行なっているのである。

藤崎大使は「昨夏以降のレアアース問題は、重要な資源をたった一つの供給元に依存する有害性への警鐘」と指摘した。その上で、「市場経済は全ての参加者でルールを作っていくのが前提。一方的にルールが変えられてしまうような、市場経済の機能不全に我々は直面している」と述べた。


雑感

昨年9月、中国の複数の税関で、レアアースの日本への輸出が止められた。沖縄県・尖閣諸島沖での衝突事件を受けた事実上の禁輸措置と見られる。レアアースという希少資源が外交の切り札として用いられたのであろう。確かに日本は資源が乏しい。しかし、単に資源を購入するのみではなく、資源国が持たない製品開発の技術を提供することによって、積極的に取引を行なっていくことが大切であると考える。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。