「mixiページ」、肖像権問題をクリアできるか??
2011/09/09   コンプライアンス, 商標法, IT

概要

mixiページは、それまでのmixiのコミュニティとは異なり、誰でも閲覧可能なところに大きな特徴がある。mixiが想定するのは、企業や芸能人が宣伝のために使う場面。狙いは、マスマーケティングの分野を開拓し、Facebookに対抗して利用者を増やそうとするところにある。
 
ページ数は、2011年9月6日時点で1万4千ページに達した。
 
しかし、問題も起きている。

それまでmixiは閉じられた交流空間だったため、無許可で芸能人やキャラクターの画像を使用することも、あまり厳しく取り締まられていなかった。

ところがmixiページはオープンなので、無許可での資料使用が外部から分かりやすく、所有者から抗議が来ることが予想できる。一方ユーザー側で、無許可での使用を今までとくに咎められなかった層には戸惑いを与えるだろう。

今のところ、実際に問題になった事例はないようだが、肖像権侵害が起きている数は少なくないと思われる。

運営会社の対策は?

インターネット上では、画像や映像が簡単に取得できるため、それら資料の無断使用は常に問題になりうる。よって運営会社には適切な予防策をとることが求められる。

mixiは、ページの利用規約上で、写真等の本人もしくは本人に承認された管理者が作成すること、それ以外の第三者は作成できないことと明記し、違反がないか、パトロールする体制を作っている。

これらは肖像権侵害への対応としては、従来とられている方法と変わりない。

閉鎖空間からオープンな空間に切り替わろうとする運営会社として効果的な対策が立てられるかは、今後にかかっている。

【関連リンク】


  • 続々登場するmixiページ‎

  • Facebook追うmixiの新サービス 課題は「肖像権」守らぬユーザー(リンク切れ)

  • SNS大手のミクシィが新サービス「mixiページ」開始、狙いは企業の販促ニーズ(東洋経済オンライン)(リンク切れ)

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。