アスベスト、原告逆転敗訴判決
2011/08/26   訴訟対応, 民法・商法, その他

1 概要

25日、大阪高裁で泉南アスベスト訴訟の控訴審判決が出た。労働大臣の規制権限行使が国家賠償法1条1項違反にあたるかが争われたが、地裁判決とは一転して原告が敗訴した。

判決は、理由として、「安全確保対策の決定は、産業発展との関係もあり、労働大臣の高度に専門的かつ裁量的な判断に委ねられている」として、労働大臣に広い裁量を認めた。

アスベスト訴訟では、筑豊じん肺訴訟最高裁判決で、通産大臣の権限不行使につき国家賠償法1条1項違反が認められており、今回の大阪訴訟でも地裁では原告が勝訴していたため、勝訴判決を期待していた原告団にはショックが大きかったものと思われる。

筑豊じん肺訴訟最高裁判決との違い

筑豊じん肺訴訟最高裁判決では当時の医学的知見に照らし、通産大臣に権限を与えた鉱山保安法の趣旨・目的に照らし、著しく合理性を欠くとされていた。
今回は、産業保護も考慮しなくてはならない大臣の立場が強調された判決になっており、国の裁量が広く認められた。

雑感

原告団の受けた衝撃は大きいものと思われる。しかし一方で、安全対策が行き過ぎて産業が衰退してしまっても困る。

原告団は最高裁に上告する意向であるようだ。
これからの動きに注目したい。

参考URL
まさか…原告絶句 「不当判決」上告方針 泉南石綿訴訟(朝日どっとこむ)
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201108260021.html
泉南アスベスト訴訟、二審は原告側が逆転敗訴(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819A91E0E7E2E3998DE0E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。