被災地のニセ医者、ついに逮捕!
2011/08/19   法務相談一般, 民法・商法, その他

事件の概要

 東日本大震災の被災地、宮城県石巻市で資格を持たずに医師の名称を使ったとして、宮城県警は19日、医師法違反の疑いで42歳の男を逮捕した。宮城県警は、医師の資格がないのに「医師国家資格認定証」等と記載されたカードのコピーを提出するなどして、医師の名称を使った疑いのみならず、医師免許を持たずに医療行為を行っていた疑いもあるとして、無資格医業容疑での再逮捕も視野に入れて捜査している。さらに、ボランティア団体の代表を名乗り、日本財団から助成金として100万円を受け取っており、詐欺容疑でも捜査を進める方針だ。

以前から感じられた違和感

 男性は、当初、米国の大学を卒業後、神戸で小児科医として働いていたなどと説明していた。さらに、阪神大震災でも支援活動に携わり、「国境なき医師団」にも参加し、海外での医療経験もあると周囲に吹聴していた。しかし、その一方で、常に帽子を目深にかぶってマスクをつけ、写真撮影を極端に嫌がる等、不審な挙動が目立ち始め、また、関係者から診療所を作ることを提案された際にも、終始断り続けていたという。

やらない善よりやる偽善?

 男性が所持していた「医師国家資格認定証」というものは公的な証明書としては存在しない。そのカードも大阪市の住民基本台帳カードと酷似していた。しかし、医師免許を見たことがない者にとっては、信用に足る書類であったといえる。今後このような者が現れないようにするため、医師会への確認も必要になろう。厳重な身元確認をすることは、善意を拒むことにもつながりかねず、ボランティアを受け入れる被災地側としては取りにくいという心情も理解できる。しかし、医療行為は同時に傷害行為にも該当しうる以上、より慎重な対応が求められるのではないか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。