弁護士のモラルは低下しているのか?
2011/08/05   弁護士対応, 弁護士法, その他

大阪弁護士会は、今月3日、花村哲男弁護士に対して退会命令を出した。理由としては、弁護士業務をまともに遂行する意思がないとのことだ。
今回の事件は、花村弁護士が依頼人から自己破産の手続きを受任したが、着手金を受け取りながら業務を遂行せず放置した。そのため、依頼人は領収書を提示して着手金の返還を求めたが、花村弁護士はこれを拒否した。花村弁護士は、今回のことについて弁護士会に対して、事務員の勝手な行動、依頼など受けていないなど、否定している。

今回の事件では弁護士会は退会命令という処分を出している。しかし、弁護士会の懲戒手続きには問題がないのであろうか。他の士業とは違い、弁護士の懲戒手続きの主体は弁護士です。つまり、身内による判断になります。
これは、弁護士が、権力とも争うことがあるために、弁護士自治として認められらているといわれています。しかし、身内による処分というのは、一般的に甘くなるもの。最近の弁護士モラルの低下に対して、弁護士会が、どの程度の厳しい態度でのぞんでいるのか。
弁護士の数が増え、ますます競争が激しくなる業界において、弁護士会の果たす役割も大きくなると思う。今回のような事件が、起きてしまわないようにしてもらいたい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。