ストップ!クレジットカード現金化
2010/12/01   消費者取引関連法務, 景品表示法, 金融・証券・保険

今月から、消費者庁ホームページに特設ウェブサイトを設け、岡崎消費者担当大臣からのビデオメッセージを掲載するとともに、ポスター・チラシなどを可能な限り広く配布する予定だ。
なるべく多くの消費者の方に、換金目的でカードを利用することは、クレジットカード会員規約に違反する行為であること等を周知し、また、借入や返済でお悩みの方には、クレジットカードの現金化を考える前に、専門の相談窓口に相談するよう呼びかける。

<問題点の検証>
最近、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などという広告が、よく掲載されていることがある。
これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するもの。
換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局は自分の債務を増やすことになる。また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもある。
景品表示法など、合法であることを強調する業者もいますが、現金化が問題であることには変わりない。
これは、本来の論点を意図的に外して、消費者に対して、正常な判断を困難にしているともいえる。

簡単例

100万円のものを買って、90万円のキャッシュバックを得た場合(注:計算は簡略してあります)

カードの引き落としが2ヵ月後だとすると、
その時に、100万円を返済すると、約11%の金利になる。
これを年利にしてみると、約66%程にもなってしまう。

具体的に判断してみると、かなり高い利息であることが分かると思う。
換金目的でのクレジットカードの利用はカード会社の会員規約に反することから、会員資格の剥奪や即時弁済を迫られる等、予想もしないような不利益を招いてしまう可能性がある。ここが本質的な問題点である。

このような重要なポイントについての判断を困難にしてしまい、「手軽」・「安心」・「信頼」などを強調する業者の広告に騙されないように、クレジットカードの現金化ストップの呼びかけキャンペーンの果たす役割は大きいのではないか。

関連サイト
消費者庁
社団法人日本クレジット協会

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。