パワハラ自殺に労災認定。
2010/10/19   労務法務, 労働法全般, 商社

 1999年に自殺した出光タンカー(東京)の男性社員(当時43歳)の遺族が、労災認定を認めなかった国に対し処分の取り消しを求めていた事件の判決が18日、東京地裁で行われた。
 判決によると男性社員は1997年7月に出光興産から同社に出向し経理業務を担当していたが、上司から「会社を辞めろ。辞表を出せ」「死ね」などの叱責を受けるうちにうつ病に陥り、1999年7月会社ビルの6階から飛び降り自殺したとのこと。
渡辺弘裁判長は上司の叱責が、・人の見ている前で公然となされていた・言葉が感情的であった・他の管理職から注意を受けるほどのもであったことなどを理由に「企業における一般的な程度を越えていた」と判断、自殺は業務が原因と結論付けた。


 近年パワーハラスメント(パワハラ)による自殺の労災認定が相次いで出ている。
 労災が認められ、会社に対する損害賠償訴訟に発展すると多額の費用がかかる上、風評被害も甚大なものとなることが予想される。
 今回の事件では上司の叱責が他の部署からも注意を受けうるほど激しいものであったというが、このような異常を察知した場合に素早い対処ができるよう普段からの体制構築が企業に求められているといえるであろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。