タバコ値上げの思わぬ落とし穴、財務省指導で大型キャンペーン中止相次ぐ‐QUICPayに続き、ローソンも
2010/10/01   コンプライアンス, 業法対応, 民法・商法, 流通

 財務省は30日、コンビニエンスストア大手のローソンに対して、28日から実施していた、3,000円以上の買い物をした利用客に50円分のクーポン券を配布するキャンペーンが、たばこの値引き販売を禁じた「たばこ事業法」に抵触するおそれがあるとして、口頭で指導したことを明らかにした。これを受けて、同社は30日までにキャンペーンを中止する事態となった。
 ローソンは、10月1日からの値上がりに伴うたばこの駆け込み需要がピークを迎える28~30日の3日間限定でこのキャンペーンを実施。計3,000円以上の買い物をした場合、レシートに50円分の買い物ができるクーポンを印字して配布していた。 クーポンではたばこを買うことはできないものの、たばこを購入した客もクーポンを受け取れるようになっていたことから、インターネット上で「実質的にたばこを割り引き価格で買える」と話題になっていたほか、一部メディアにおいてもこのキャンペーンが取り上げられるなどしていた。
 財務省は「クーポン券の配布はおまけとは違い、値引き販売に当たる恐れがあり、見過ごせないと判断した」としているが、ローソンは「たばこの需要減が見込まれる10月以降に来店してもらうのが目的だった」と、値引きの意図はなかったことを強調している。
 財務省は業界団体の日本フランチャイズチェーン協会に、本件同様の取引をしないようにとの注意喚起を行った。しかし、ローソンが指導の対象となった一方で、セブン‐イレブン・ジャパンやファミリーマートも30日まで限定で、レシートでデジタル家電が当たるキャンペーンや対象商品が特定されているものの、ローソン同様の形で値引きになるクーポン配布を行っており、財務省の判断の不明確性が指摘される事態となっている。
 「たばこ事業法」を巡っては、先月、後払い方式の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」サービスを行うクレジットカード会社などが、購入額の5%分を還元する予定だったキャンペーンを中止する事態も起こっている。このキャンペーンは、たばこの買いだめ需要を狙ったものではなく、「QUICPay」の普及を目指して「クイック」にかけて9月19日に行うことが予定されていたものであった。
 今回のタバコ税増税、そして過去最大のタバコ小売価格の値上げを巡っては、小売での駆け込み需要のみならず、値上げを機に廃業を決めるタバコ店も出現し、また、禁煙外来の受診者が急増し、禁煙グッズの売り上げが向上するなど、様々な影響が出ているが、思わぬ形でも影響が現れる形となった。
 法務担当者にとっては、新規キャンペーンを行う際、様々な法に抵触するかどうかを確認するのは必須事項であるが、一見関係なく思えるような法令でも、こうした落とし穴がある場合もあり、注意が必要となろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。