フォルクスワーゲン事件は他人事ではない!
2015/09/25   法務相談一般, 民法・商法, メーカー

フォルクスワーゲン事件の概要

 世界的自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(以下「VW」という)が製造するディーゼル車において、排出するNOxの量が米国排ガス規制の約40倍にあたることが発覚した。VWは、規制テストの時のみ規制内の排出量となるような不正ソフトを自動車に組み込んで、米国の排ガス規制を免れていた。不正ソフトを組み込んだディーゼル車は世界各国に輸出されており、約1100万台にもおよぶ。

排出ガス規制値の比較

 自動車の排出ガス規制値は各国で異なる。今回問題となった小型ディーゼル車の排出ガス規制値を比較すると以下の表になる。CO、NOxについては、米国の規制が厳しい。NMHCについては、日本が厳しい基準をとっている。総合的に見ると、小型ディーゼル車の排出ガス規制における日本の規制は世界の中でも厳しい規準となっている。

 (小型ディーゼル乗用車の場合、g/km)  
 新車排ガス規制    CO   NMHC   NOx   PM
 2009年規制(日本)
 2009年        0.63  0.024   0.08  0.005
 ユーロ5(欧州)
 2008年        0.50  0.068   0.18  0.005
 Tier 2 Bin 5(米国)
 2007年        0.003 制限なし  0.044  0.006

コメント

 VWによる不正事件は、世界に衝撃を与えた。近年、環境への影響を考え、世界各国において厳しい排ガス規制が制定されている。排ガス規制は各国によって基準が異なるため、輸出先の基準に反していないかをしっかりと確認しなければならない。今回のVWは意図的に不正ソフトを組み込んでいるが、意図せず規制に反してしまう場合もある。日本の排ガス規制は世界的にみて厳しい基準となっているため、他国の規制に反する場合となることは少ないかもしれない。しかし、日本よりも厳しい基準となっている項目もあるため、注意が必要である。そして、このような各国による基準の差異は、RoHS指令(電気電子機器に関する特定有害物質の使用制限に関する指令)等、自動車に限らず様々な商材で生じているため、他業種企業も他人事ではない。今一度、各国の基準を確認することをおすすめする。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。