amazonの空飛ぶ配送サービス構想が法的規制の対象に?
2015/07/14   法改正対応, 法改正, その他

<法改正案の概要>
首相官邸の屋上への落下事故などを契機に安全面が問題視されている小型無線機「ドローン」などの無人機の飛行ルールを定めた、「航空法の一部を改正する法律案」(以下、改正案)の概要が今月2日に分かった。改正案では、〈1〉無人航空機の飛行にあたり許可を必要とする空域であること〈2〉日中において飛行させること〈3〉周囲の状況を目視により常時監視すること〈4〉人又は物件との間に距離を保って飛行させること等の方法により飛行させなければならないと規定されており、違反者には罰金が科されることになる。

もっとも、事故や災害時に自治体などが捜索・救助のために飛ばす場合にはこのルールの適用対象から外され、企業や団体の場合にも、操縦者の研修や機体の管理などを通じて安全確保のための対策を講じた場合には、国から許可が出されれば飛行することができる。政府は近く改正案を閣議決定し、今国会での成立を目指している。

<法改正の影響>
この法案が可決することによって将来の販売戦略に影響が出てくる企業も考えられる。例えば、米amazonがアメリカで計画しているprime airサービスも日本で導入しようとすれば規制の対象になる可能性があり、国からの許可を受けなければならないことになる。prime airサービスとは、ドローンによって30分以内の商品配送を可能にするものであり、安価に配送もできることから、新たな配送手段として期待されている。                        

なお、米国でも今年2月15日に「ドローンの常用に関するルール設定に関する告示」(Notice of Proposed Rulemaking、NPRM)が発表されている。NPRMによると、UASは55ポンド(約25キロ)以下で、上空500フィート(約154.2メートル)以下を時速100マイル(時速約160キロ)以下で飛行しなければならない。米Amazonが昨年7月にFAAに申請したドローンは、いずれの条件も満たしている。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。