労働者派遣法改正案 衆院本会議で可決
2015/06/22   労務法務, 労働者派遣法, その他

概要

企業が派遣労働者を受け入れる期間の制限を事実上なくす内容の労働者派遣法改正案が、19日に衆院本会議において自民、公明両党の賛成多数により可決された。民主、共産、維新の三党は反対した。政府・与党は24日に会期末を迎える国会会期を9月後半まで延長する方針であり、改正案は今国会で成立する見通しである。

法改正の影響

これまでは同一職場で3年を超える派遣受入れはできなかったが、改正後は人を交代させることにより同一職場でずっと派遣を受け入れることができるようになる。(6月4日の法務ニュース記事も参照)。雇用形態の多様化に対応するための今回の法改正であるが、派遣労働者からの反対の声も大きい。これまで派遣期間が無制限であった専門業務についての派遣も3年期限とされ、専門業務の人は雇い止めの不安を抱えることになってしまうからだ。企業側にとっても、優れた人材でも派遣社員としては最長3年までしか抱えられなくなる結果、優秀な人材を失うリスクを負うことになる。このリスクを避けるために、企業は正社員としての雇用を増やすとも考えられる。正社員としての雇用を求める派遣労働者にとっては、今回の法改正は追い風となるかもしれない。

雇用安定措置

労働者の雇い止めの不安に対応するための雇用安定措置として、派遣会社は、同一の企業で3年勤めた派遣労働者が希望すればその派遣先企業に正社員として雇用するよう要請するか、新たな派遣先の紹介をすることを義務付けられることになる。もっとも、このような措置により実際に雇用安定が確保されるかは疑わしい。派遣会社にとってもこの措置を行う上での負担増大が大きな打撃となりそうだ。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。