労働者派遣法改正 今国会成立ピンチ
2014/10/24   労務法務, 労働者派遣法, その他

事案の概要

今国会成立微妙
労働者派遣法が改正されようとしているが、今国会での成立が微妙となってきている。今国会にて提出された改正案の内容は、大まかには
①届出制である特定労働者派遣事業と許可制である一般労働者派遣事業の区別を廃止し全ての労働者派遣事業を許可制とする点、
②期間制限につき、全ての業務にて同一組織内にて派遣労働者個人単位で3年間の期間制限、派遣先の事業所単位で3年間の期間制限(ただし、過半数労働組合から意見聴取すればに延長可、その後の扱いも同様)を設ける点
③キャリアアップを推進する点などである。
労働者派遣法改正に対して、格差拡大のおそれを理由に民主党や共産党・生活の党・社民党は反対を表明し、廃案追い込みを狙っている。同じ野党内でも維新の党・次世代の党・みんなの党は、改正案の方向に理解を示している。ただ、小渕経済産業大臣・松島みどり法務大臣の辞任で野党が国会の主導権を握りつつあり、与党は守勢を強いられることになりうる。審議入りも、28日にずれこむことが決まった。臨時国会の会期は11月30日のため、審議入りの遅れは今国会成立を目指す場合、痛手となる。

コメント

今回改正される労働者派遣法によると、キャリアアップの推進等のような派遣労働者に対して利益を与えるような項目が見られる。しかし、一方で、期間制限について、企業としては、過半数の労働組合から意見聴取さえすれば3年間人を変えれば派遣労働を雇い続けてよいということになる。派遣労働者であり続けるというライフスタイルを好むのであればそれでよいのだろうが、正社員志向がある場合、派遣労働者は派遣労働者であり続けなければならないという事態になるのではなかろうか。

参考サイト
厚生労働省 労働者派遣法の見直しについて

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。