ブラックバイトに対する学生の抵抗
2014/08/06   労務法務, 労働法全般, その他

事案の概要

ある牛丼屋チェーン店「すき屋」や居酒屋チェーン「ワタミ」等において劣悪な労働状況で学生が働かされるといった「ブラックアルバイト」の存在が問題となっている。これに対して「ブラックバイト」に対抗しようと、8月1日に労働組合「ブラックバイトユニオン」を首都圏の大学生約20人が結成し、苦しんでいる学生の救済に乗り出した。

「ブラックバイト」とは低賃金・低処遇にも関わらず過度な責任ノルマを課され、学生が学生らしい生活を送れなくしてしまうアルバイトのことをいう。具体例としては朝礼やバイトの後の片付けに対して業務時間に含めず給与を支払わない、皿を割るなど店の備品を壊した場合賃金から引く、休憩時間を取らせることなく長時間働かせるといった事情がある。

これに対して首都圏の学生が労働組合「ブラックバイトユニオン」を結成して、正社員と同じようなノルマを課されたり、無理な勤務シフトによる学校生活に支障が出る勤務を強いられるなどの状況から学生労働者の権利を守ることを目的としている。具体的活動内容としてはブラックバイト被害者の労働・生活相談、ブラックバイト被害の調査・研究・情報発信等を行う。

コメント

長らく続く不況により首都圏で学生生活を送っている学生の仕送り額が「2013年度私立大学新入生の家計負担調査」(東京地区私立大学教職員組合連合発表)によると、1カ月当たりの平均仕送り額(6月以降)は前年度比500円減の8万9,000円となり、過去最低を更新した。このような現状において学生にとってアルバイトとは遊ぶためのお金を集めるものではなく、生活費を稼ぐものとして不可欠なものとなっている。
学生アルバイトに関しても社員と同様に労働者の権利を主張することは適正な労働を行うためには重要であり、「ブラックバイトユニオン」は学生にとって強い味方となりうる存在である。企業にとってもアルバイトの存在は重要なものではあり、労働状況を公表されると、その結果学生アルバイトが集まらないなどの悪影響も生じうることから労働条件の改善は不可避である。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。