知的財産権に関するあれこれ 2013年~2014年
2014/01/29   知財・ライセンス, 特許法, 著作権法, その他

企業活動の多くの場面で関係してくる知的財産権につき、直近の1年間を振り返った。技術革新により動きが激しい領域だけに、法改正や判例の動き等、今後も目がはなせない。

新技術

情報漏洩防止に役立つソフトの開発 

元CIA職員の情報漏洩事件が大きな話題になった2013年。企業においても情報管理の徹底が重要課題となっているため、商品化が注目される。

海外関係

海外進出を行う企業が増える中、新興国を中心に知的財産権に関する新しい動きが出ている。また、政府も海外諸国との間で、日本企業を支援する制度の充実に努めている。

シンガポール改正特許法

【関連】海外進出やASEANの知財事情についてのJETROのWebサイト

・特許審査ハイウェイ(PPH)制度の進展
特許審査ハイウェイ制度とは、先に出願した第1国(例えば、日本)の特許庁で特許要件を満たすと判断された出願について、後に出願した第2国(例えば、タイ)において、一般の出願に優先した早期審査が可能となる制度。既に30カ国と合意しており、2013年9月にはタイとの間で合意している。さらに、新たにグローバル特許審査制度に関する合意がされた。

特許審査ハイウェイ(PPH)制度について

話題となった判例

・サムスン vs アップル
サムスンが業界団体に「公正な条件でライセンス契約する用意がある」と宣言した特許の扱いが争点となった訴訟。2014年1月23日、控訴審の知財高裁は争点についての判断材料とするため、両社の代理人を通じて一般の意見を募ることを決めた。日本の裁判所では初のケースで、国内外の特許専門家や業界関係者の意見を想定しているとのこと。

自炊代行業者の著作権侵害が認定された訴訟

・モバゲー釣りタウン(グリー vs DeNA)
DeNAがモバゲーで配信を始めた「釣りゲータウン2」に関し、グリーが同社が既に配信済みの「釣り★スタ」に似ていると主張して著作権侵害が争われた訴訟。第1審ではDeNAによる著作権侵害が認められたものの、二審・知的財産高裁ではグリーの逆転敗訴。最高裁が上告を棄却したことで二審判決が確定した。

・「白い恋人」と「面白い恋人」(石屋製菓 vs 吉本興業)
商標権侵害が争われた事件で、2013年2月、吉本興業側がパッケージの図柄を変更し、原則として関西6府県での販売に限ることや、賠償金は支払わないなどの内容で和解。

・あずきバー商標登録訴訟
「あずきバー」の商標登録訴訟において、井村屋グループが勝訴した。

法改正など

・特許法
職務発明(特許法35条)制度の見直しが検討されている。2013年6月に政府が決定した日本再興戦略において言及されて以降、有識者による議論がなされており、2014年中にも結論が出される可能性がある。

職務発明制度に関する調査研究委員会

・著作権法
いわゆる写りこみの解禁や違法ダウンロードの罰則化などを含む改正法が2013年1月1日から施行された。特に写りこみが解禁されたことはその後のビジネスシーンに影響を及ぼしているものと考えられる。

著作権法の改正

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。