ミャンマー、100年ぶりの会社法抜本改正へ
2013/08/15   海外法務, 海外進出, 外国法, その他

事案の概要

 ミャンマーで会社法(the Burma Company Act)の大改正がなされる見込みである。実現すれば、1914年の制定以来、およそ100年ぶりの全面的改正となる。

 ミャンマーの会社法は、1989年と1991年に改正が行われている。また2012年に外国から投資を呼び込むための、法整備がなされていたが、それに対応する形で、会社法の規定も見直すべきであるとの声が高まっていた。

 現行の会社法の規定に則れば、ミャンマーの市場に外国資本が参入することは、極めてハードルが高い。というのも、外国資本が1ドル以上入っている会社は、外国企業とみなされるからである。外国企業ということになれば、自己の不動産を所有ことは出来ず、収めるべき税金も外資向けのレートで課税されてしまうことになる。
 また、重要な書類は3部複製を作成し、登録しなければならないという規定があるなど、 現代のビジネスの実態とかけ離れているとの指摘が多くあった。

 そして、2012年、上記外国投資法が制定されるという流れの中で、2013年7月23日の議会において、時代遅れになっている会社法の抜本改正を行うべきであるとの提言がなされるに至った。

 改正作業は、アジア開発銀行(the Asia Development Bank )の支援の下に、部分的に修正されていくというよりは、全面的に書き換えられる方針である。

 改正の具体的なスケジュールについては、明言されていないものの、早ければ、2013年末までに改正がなされる可能性もあるという。

コメント

 ミャンマーは東南アジアの国々の中で、まさにこれからの成長が見込まれる国である。2010年には軍事政権からの民政移管がなされ、2012年には上記、外国投資法が制定されるなど、経済的な発展を見込める基盤は整いつつある。そして今回会社法の抜本的見直しがなされれば、その機運を更に後押しすることになる。

 実際、日本企業のミャンマーへの進出も加速しつつある。通信や橋梁、港湾、空港などのインフラ整備の受注をにらんで、NECやJFEなどが、進出を開始しているし、その他、メーカー、商社、広告代理店なども続々進出予定である。

 法改正の具体的なスケジュールについては、まだ流動的であるが、大きなビジネスチャンスを秘めた市場だけに、改正の推移に注目していく必要がある。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。